台風一過、ご挨拶。

09 14, 2015


長月 月齢1

週末、山をおりた麓では稲刈りがあちこちで行われました。

黄金の稲穂と畦に咲く彼岸花があまりにも美しく、数日前の出来事が、まるで夢の中の出来事出あるかのようでした。


。。。。。。。。。。。。。。。。。


「森のある暮らしスティ&キャンプ」の活動報告の途中ではありますが、台風被害によるご心配をおかけいたしましたため、ご挨拶させていただきます。


安否確認のご連絡頂いた皆様、お気遣いありがとうございました。

ここでも濁流などが起こり、cotoriの森も水が溢れ出し、未だ乾かない部分も一部ありますが、大きな被害はなく、樹さんも私も、そしてヤブさんもブブさんも無事でしたことをお知らせいたします。


ブブさんは、裏庭の浸水のため、つくばねファームさんに一時里帰りさせていただきました。


我が家は濁流と共にあり、麓からの放送も届かず、麓までの道がどうなっているか情報もなかったため、今動くべきか、今は留まるべきかで判断が難しくなりました。


麓の状況もわからない中、連絡をくれた方に心から感謝いたしました。


ヤブさんを連れて里へ下りました。
さっきまでの光景が嘘のように静まり返っていて、あまりの静けさが逆に怖いほどでした。

里からみた山は、随分と久しぶりに雲がかかっておらず、山全体を見渡す事ができました。

さっきまでの光景がまるで嘘のようでした。

そして、未だどんよりとした空の下、水をタップリと含んた稲葉が垂れておりました。


恐ろしくも美しいとはまさにこの事。
ただただ山を眺めておりました。



引っ越して初めての秋。
厳しくも美しい秋の訪れです。

20150915143651a0a.jpg 20150915143636ce8.jpg 2015091514362085c.jpg 20150915143606ebc.jpg 20150915143542db5.jpg


被害が大きかった地域のいち早い復興と、行方不明の方々のご無事を心からお祈りいたします。

ペルセウス流星群に。

08 13, 2015


葉月 月齢28


ペルセウス流星群のピークが今夜あたりからと聞いて、明日の新月を想い、宇宙のことを感じていた。


丁度写真の整理をしていて、一枚の写真に目に留まった。


私は植物園で深い宇宙を感じる事がある。
ファインダーを通してその宇宙に触れる事が多々ある。


植物園の温室の空気は肌にまとわりつき、呼吸を浅くさせる。

シャッターを切る指にまで湿度を含むかのように、重い瞬きが斬られる。


個人的な写真を撮る時は、マニュアルしか効かないカメラと、古いロシア製の50mmレンズに、紅い縁の小さな虫眼鏡の様なものを当てて接写もどきで撮っている。

その事にこだわりがあるわけでもなんでもなく、私がカメラを始めた時からずっとそうしていることなだけ。

ポケットカメラを愛用し、レンズをもっていなかった当時、何の気なしにいつの間にかそうしていた。


その不自由さたるや極まりないのだけれど、他を知らずにずっとそうやって撮ってきたから何とも思わなかった。


デジタル一眼を手にしてからも、今まで個展などで展示してきた写真の大半は、その変態カメラに虫眼鏡で撮影したものである。



そのスタイルで撮影している自分の姿は、とても滑稽だと、つい最近知った。

というのも、夢中になってファインダーを覗いていると、樹さんからメッセージが届き、カメラに虫眼鏡を当てて、這いつくばっている怪しさ満載な私の姿写真が送られていたのだった。


なるほど、公の場では気をつけないといけない、そう思って苦笑いをした。


その事に気づかされた事もあってか、週末の植物園は、そこそこ賑わっていて何だか心落ち着かなかった。





辛いことこそ表現する人もいるけれど、辛い事こそ表現しない人もいる。
そもそも表現などしない人もいる。


そんな事を考えさせられていた先日、友人がこの森に泊まりにきた。

我が家から少し行ったところの、関東平野が見渡せる場所から、夕焼けが闇に包まれ、遠く街の灯りがついてゆく様を眺めながら、そんな話をしていた。


人の苦労というのは端からはわからないもので、楽しんでいる姿にばかり目がいくから、その人が実は影でどれだけ辛い想いをしていたり、辛さを乗り越えたりしているか、、、という話になった。

ただ、それを表現しないだけだと。

そんな話を取り留めもなくお互い話していた。



「ん、大丈夫だよ、きっと。」


そう心に託したら、流れ星が西南の空を駆け抜けていった。


ふたりして、小さく「あっ」と声を揃えた。


多く語る必要はない。

ん、大丈夫だよ、きっと。


そんな根拠のないエールを、彼女に気づかれないように葉っぱの影から送って、再び山の向こうに広がる世界に目をやった。





ここから続くずっと向こうの方に、今日を精一杯生きている人たちがいる。

歯を食いしばって、笑顔でいる人たちがいる。

その笑顔は自分のためではなく、誰かのために頑張っているエネルギーから生まれ出るものであったりすることもある。

それが結果として自分も笑顔になることが出来ればと願う人たちがいる。

人にも、自分にも誠実で在りたいと願う人たちだ。


そんな人々の笑顔に触れても、良い事だけを並べているなどとは、決して思わない自分でいたい。

そして、私もそう思われていようと構わない。

そんな人の切なる想いに対して、心配しているフリなどしないで、言葉にせずとも自分なりのエールを贈れる人でありたい。


私はそう思った。



人にどう思われたっていいんだよ。


どんな毎日であれ、己が自分を生きる事自体に誇りをもとう。


そう思うと、私はあの変態カメラに虫眼鏡を当ててファインダーの中の宇宙に恋い焦がれる事に躊躇する事の方がアホくさくも、もったいなく感じた。



自分が思うほど、人は自分の事などみていない。

誰かさんに何か言われたとしても、人は常に自分の事を気にかけてなどいない。

だからこそ、自分に正直であれ。


その時限りの他人の言葉、その時限りの相手の感情に惑わされることなかれ。


かといって、耳に心地良いだけの言葉にウットリすることなかれ。

毒があるように感じる言葉にも、その底に潜んだ愛情のようなものを汲み取れる力をもとう。


心地良いだけの芯のない言葉の羅列は、時に表面だけの陶酔を誘う事がある。

その陶酔は時に、反転してあなたを沈めにかかる事がある。
そしてどうしようもない孤独感や空虚感を、あなたに引き寄せる事すらあるかもしれない。


そんな時、私は言いたい。


自分の中心から来る言葉に耳を向けよ。

例え人の言葉や感情に沈みこまされたとしても、水面にヒラリと舞い落ちる木の葉が生み出す波紋の美しさを忘れることなかれ。


その木の葉を揺らす小さな風の吐息を扇ぐことなかれ。


宇宙は、必ずその頭上に広がり、地球を抱くように腕を広げてくれている。


ん、だから大丈夫だよ、きっと。


根拠はないけれど、
根拠なんて元々要らないんだってことを。



ペルセウス流星群が走り抜ける空を見上げながら、例え星が見えたとしても見えなかったとしても、自分の小ささと共にある、自分の内に息づく広大なる宇宙を感じてみよう。


自分は小さくも、大きな存在であることを知るだろう。

そして、「自分を生きて良いのだよ」と風や木漏れ日に囁かれる事もあるだろう。


それは、私が森から教えてもらったとても大切な事。


必要な人の元に、どうかこのメッセージが届きますように。

物事は、もっともっと単純で、そこには必ず、芯のある美が含まれているのだということ。



新月の明日、私もカメラと虫眼鏡を持って出掛けよう。

ん、そうしよう。


そんな明日は、何だか素敵なものに出会える気がしているよ。

8/20(木)~23(日)「森暮らしスティキャンプ2015夏」メンバー募集!

07 14, 2015
575A6043_20150717131205598.jpg

文月 月齢1

パレット森冒険隊の皆さんへ、

お待たせしました!
「森暮らしスティキャンプ2015」のお知らせです。

4月より、空と大地の教室「つきのわぐま」から「森のある暮らしcotori」に移行になりまして、初のプログラム!

内容もリニューアル。
記念すべき第一回メンバー募集開始です。

森暮らしの中で、夏休み最後の思い出を締めくくろう!

575A5803_20150717153949c59.jpg

冒険の舞台はここ、筑波山。
(写真は春の筑波山と里の風景)
日本の名山百選の山の中で最も低い山とされています。

ということもあってか、里から続く古道沿いを初め、この山での人々の暮らしの営みの歴史はとても古いのです。

その山の中腹に位置するcotoriの森で繰り広げられる「森暮らしスティキャンプ」。


「森暮らしスティ」というからには、生活密着型です。
今までの様な特別なイベント的な感じよりも、より自然の恩恵を受け、シンプルに暮らすということに重きをおき、より生きる事への感性を磨くことをメインにした、そんな4日間。


【その内容とは】

*おもいっきり森冒険!
*沢遊び。
*森の恵を頂き、火を熾し、焚き火を育て、料理し食す。
*森寝をする。
*ヤギさんの世話をする。
*畑事をし、収穫する。
*草木染め、野草料理、薬になる薬草を知る事で、体験を通して植物たちと仲良くなる。
*Cooの森料理を伝授。
*広ーい関東平野を山の上から見渡してみる。
*里の美しい光景の一部になる。
*ひろーい広い空が夕焼けに染まってゆくのを、ただ見つめる。
*森の住人たちの気配を感じながら過ごす森の夜。

などなどなどなど!!

私自身が子どもの時に、こんな冒険いっぱいな大胆な内容と、魔女的要素も散りばめられた森スティキャンプがあったら、絶対に行きたかったなーと思う内容にした次第ですw

75A4905_2015071713494181b.jpg 575A4936.jpg 575A6329_20150717134238bc2.jpg 575A6361.jpg 575A7929.jpg 575A8785_2015071713535181f.jpg 575A8794-2.jpg 575A6241_2015071713512125d.jpg 575A6317.jpg
575A5697.jpg 575A7519_201507171353485f8.jpg
(↑写真は去年の夏いろ冒険キャンプin裏高尾 より)


575A6596_2015071713174002e.jpg 575A5882_20150717131159134.jpg 575A5503_20150717131109c0d.jpg 575A7719_2015071713174112f.jpg
(↑森の恵のおやつ、草木染め、薬草茶や薬など、森事の写真より)

盛りだくさん!
パレット森冒険隊恒例、皆で「冒険会議」して、何をやるか決めたいと思います。

575A6175_20150717131518c2b.jpg

【cotoriの森ってどんなところ?】

チョビッとだけ、白山羊のブブさんに案内してもらいましょう。

裏庭からパッと見ここから進めないように見えるのだけれど、
実は獣道(Coo道?)の様な小道があるの。

575A6291_20150717131518ac5.jpg

ブブさんのシッポについてゆくのです。

575A6170_2015071713150773f.jpg

振り返れば、cotoriの家が向こうの方に。
キツネならぬ、山羊にだまされたと思って進んでゆくと、、、

575A6136_20150717131210a66.jpg

森のリビングに到着。

575A8565.jpg

焚き火サークルを中心に。

575A8561.jpg

(色塗って飾ってみたものの、焚き火で十分だと気づき使ってないキャンドル)

575A8567.jpg

奥には斜めで座り心地の悪いテーブル&チェア。

改造、模様替えなど、まだまだ現在進行形な森のリビング。

まだまだこれから、だから、みんなで造ってゆけたらいいなぁ。

575A5382_2015071713191573d.jpg

食事のテーブルにお花飾ったり。

575A5002_20150717131912503.jpg

食べれる野草を摘んでみたり。

575A4943_201507171319107c3.jpg

森の枝を拾って焚き木を組んで、
火をおこしして、火を育て、

摘みたての森の恵をその場で調理したり。

もちろん、Cooの森料理も伝授するよ。

575A4976_201507171319139b8.jpg

湯気が森に溶けてゆくのを見送ったりね。

仲間とじゃれ合って笑ったり。

575A8577.jpg

そんな森のリビング。

575A8573.jpg

ハンモックに横になると、森の大らかさに包まれるよ。

cotoriの森のマザーツリーの向こうに、関東平野が広がっているのがチラッと見えたりも。

そんなパレット冒険隊貸し切りの森のリビング。

その奥には、獣道だらけの深い森が山の肌を覆う様に果てしなく続いています。

冒険し放題!

ワクワクしちゃうよね。

575A6081_2015071715135708a.jpg

というわけで、白山羊のブブさん、森の案内ありがとう。

575A6067_201507171513552b7.jpg

とっても優しい女の子です。
みんなも、ヤギさんと仲良くなってね。

575A5539_2015071715135668c.jpg

代わって、黒猫のヤブさんに、cotoriの家の裏庭を案内してもらいましょう。

・・・あのー、案内・・・して・・・

猫は気まぐれです。

575A8606.jpg

トンボを追って、ヤブさん消える。

ちなみに、ヤブさん誰かとケンカして大怪我をし、只今療養中。家の中から出られません。
どうかあまりかまわないであげてください。


ちっちゃなちっちゃな池(大きめの水たまり程度)もあって、金魚さん8匹います。
トンボやアメンボ、沢ガニや蛙、タニシ・・・など生き物も沢山暮らしています。

575A8471_20150717144915a5d.jpg

夏ならではの虫さんたちも。

575A8478_20150717144913cd8.jpg

とはいっても、どうかどうか、私たちがお邪魔させてもらっている気持ちを忘れずに、そーーっと観察させてもらいましょう。


575A8632.jpg

さて、cotoriの裏庭、ここにベースキャンプのテントを張ります。

「猫の額畑」と呼んでいる、小さな小さな菜園も。

575A7500.jpg

野菜作りの基本の基を完全に無視した、Coo流畑と、樹さん実験室があります。

山羊さんの糞が栄養になって育った野菜たちです。
野菜の他にも、ハーブがチラホラ育っています。

いずれも梅雨半ばまで、収穫は順調だったのだけれど、、、

575A8620.jpg

ここのところ、森の住人たち(特にイノシシさん)に美味しくなったところを食べられてます。

森の動物たちも旬をちゃーんと知っていて、お約束したかの様に現れてくれます。

なので、柵をたてたのだけれど、途端に山羊さんに侵入されてトウモロコシが全滅です。

なので、収穫は保証出来ないけれど、何かしら採れるとは思います。
スイカだけは食べられないといいねぇ。。。

575A8557_20150717144918295.jpg

せっかく森スティですから、
「キャンプ」というからには、テントは張りますが、あくまでもベースキャンプとして。

プライベートエリアなので、
夜空見ながら森寝するもよし!
ハンモックで寝るも良し! 自分だけの秘密基地作って寝るも良し!
もちろんテントで眠っても良し。

もう好きにしちゃってください。
お友だちとジャレジャレしちゃってください。

575A8841_20150717135410e8a.jpg
(↑写真は去年の夏いろ冒険キャンプより)

575A8554_20150717144917d97.jpg
575A8550_20150717144916c42.jpg

里で、どんな夕陽と夕焼けに出会えるかな。

575A5816_20150717153408ef6.jpg

森で、どんな夕陽と夕焼けに出会えるかな。

IMGP9899_20150717153539871.jpg

どんな月、どんな星に出会えるかな?


575A8582.jpg

この夏、森のある暮らしにスティして、一緒に「森人」になろう。




【お家の方へ】

大切なお子さんが家族と離れて過ごす4日間。
それだけで、お子さんにとっても、保護者の皆さんにとっても大きな冒険です。

都内から車で2時間ほど。
電車で40分ほど、つくば駅からcotoriの森までバスで40分ほどですが、その道のりもどうかお家の方が同行して一緒に冒険気分でいらしてください。

そして、この森の風景や空気感を知って頂いた上で、キャンプ中「どうしているかな?」と森と冒険隊のみんなのことをイメージして頂く事も、とっても大切な事だとcotoriは考えています。

そして、最終日はお昼前の解散になりますが、その後ご家族でゆっくりしていただいてもOKです。
お子さんにどんな森暮らしをしていたのか、案内してもらうのも素敵だと思いますよ♬
ケーブルカーで山頂に簡単に登る事もできますので、お迎え前に登られたり、解散後に温泉に行っちゃうとか!お家の方も

是非、緑濃い夏の筑波をお楽しみください。

575A5807_20150717153406422.jpg

【詳細】

日程:2015年8月20日(木)〜23日(日)3泊4日
場所:茨城県 筑波山
筑波山への行き方はこの文字をクリック!
集合:8月20日(木)13:00 森のある暮らし「cotori」の森
解散:8月23日(日)11:00 同上
対象:1年生以上中学生まで
定員:8名(最低決行人数4名)
参加費:25.000円 
    食事8食+おやつ(*初日と最終日のお昼は含まれません。)、草木染め等材料費込み
持ち物:寝袋(寝袋カバーもあれば)、マット、ヘッドランプ(または懐中電灯)、食器類、洗面道具、着替え(少し多めに)、水着、タオル、冒険時用の小さなリュック&水筒&お弁当箱(タッパーで構いません)、ビニール袋数枚(汚れた服等を入れる用)、虫除け&虫さされの薬、常備薬や絆創膏(日常的に飲まれている場合)、他必要と思われるもの。


【注意】*必ずご確認下さい!
*現地集合現地解散になります。また、キャンプ開始前に保護者の方へのご案内等ございますので、送迎は必ず保護者の方でお願いいたします。
*あくまでも個人宅敷地内の森のため、お申し込み完了された後、住所と携帯番号をお伝えいたします。
*キャンセル料に関しては、キャンプ1週間前までは50%、2日前からは全額頂く事になりますこと、ご了承下さい。
*雨天決行です。(台風等の悪天候が予想される場合のみご連絡さし上げます)
*雨天の場合、天候に寄ってはテント泊ではなく、cotoriの家で合宿風に変更になります。
*お風呂に入りたい子はcotoriの家にて入ることも可能です。
*猫と山羊がいるため、アレルギーをお持ちの方はご確認の上ご参加をご検討下さい。
*食べ物のアレルギーや、普段飲まなくてはいけないお薬がある場合、必ずお伝え下さい。
*キャンプ中のご連絡は、緊急時のみとさせて頂きます。
*ゲーム、虫かご、虫網他はお家に置いて、最低限必要な持ち物に留めていただけるよう、ご協力お願いいたします。
*写真に関しては、今までの様にhomepageがないため、ご希望の方に写真データとしてメールで送らせて頂きます。ご了承下さい。
*写真はこのblogとFacebookでのみ、使用する事もありますので、載せてほしくない方は、事前にお申し出ください。


【お申し込み】

↓のメールに、以下の事項をお送り下さい。

coobluemoon@gmail.com

お子様お名前:
保護者の方お名前:
お子様の生年月日と学年:
ご住所:〒
電話番号(緊急の時にも繋がる番号):
お子様のTシャツのサイズ(例:150):
アレルギーの有無:
常備薬の有無:
好きな食べ物・嫌いな食べ物:
blogとFacebookに写真掲載OKか否かご希望:
その他、スタッフが把握しておくべき事:

*お申し込みを確認後お伝えする指定の銀行口座にご入金頂き、お申し込み終了とさせて頂きます。


575A7810_20150717131916d2d.jpg

森の動物たちも

575A6419_2015071713152494c.jpg

Cooも樹さんも、黒猫のヤブさんも白山羊のブブさんも、

この森で待っているよ。

パレット森冒険隊の皆に、この森で会える事、心から楽しみに。


それでは、みんなさん、
素敵な夏を!

また森で!


Coo



梅雨入りと、桑の実と。

06 09, 2015


水無月 月齢21

「今日は桑の実のジャムを作ったよ。」

そんなメッセージが森仲間から届いたのは、5月半ば頃でした。

その頃この森の桑の実は、まだ色づいてもいなくて、少し早い美味しい味の知らせに驚き、気を急かされる想いがしました。

ようやく色づいたものの、ここらの山桑は背が高くて手が届かず、、

今年は山を下りたところにタワワになっているマグワを摘みました。



マグワは、ヤマグワよりも粒が大きい。

幼い頃、桑は下校時のオヤツでした。
ドドメと呼ばれ、摘んでは食べ、食べては摘み、、して口の周りをドドメ色に染めたものです。

養蚕が盛んな土地に生まれ育ったため、ヤマグワよりもマグワをよくを摘んで食していました。


ヤマグワの美味しさを知ったのは裏高尾の森に住んでからだったように思います。

ヤマグワは、マグワよりも味が濃くて私はヤマグワが好きになりました。

裏高尾の桑は、山のお猿たちと一緒になって摘んだくらい美味しかったっけ。


けれど、マグワもマグワでジューシーで美味しいし、すぐに必要な分が集まる。


そうそ、それぞれの良さを、ねぇ。





桑の実の果実酒を。

我が家には果実酒や花酒が数えたことないけれど、数える気にならないほどの種類が眠っています。

けれど、その中でも特に想い入れがあるのが、桑の果実酒。


4年前、出張 果実酒barをイベントで出させて頂いた時に、よりすぐりの15種類くらい果実や花酒を並べた中に、桑の果実酒もありました。


その桑のお酒が縁で、今や伴侶となった樹さんに出会うキッカケとなったのでした。

そして3年後に再会したのも、果実酒が縁でした。


伴侶となってからは、一緒に桑の実を摘んではお酒に漬けています。

年が経った時に、この年はあんな事があったねぇ、あの年にはこんな事もあったねぇ、、

と振り返りながらチビチビと頂きたい、

そんな風に密かに楽しみを抱きつつ寝かせています。



お互いの幼い頃の桑の実の味の記憶が、今に繋げてくれたのだから、何だか不思議です。

そんなこんなもあってか、年を重ねるほどに深まり味わいを変える記憶にも似ていて、果実酒や花酒づくりは森事の中のひとつに過ぎないのだけれど、何だか特別好きなものだったりします。





気泡が留まり、
思い出したかのように放たれゆくのを眺めているのが好き。

日に日に色濃くなりゆくドドメ色が好き。

今年も無事に漬けれて良かったな。

瓶を眺める度に、改めて想います。


残りは桑のシロップとジャムを少しずつ作りましょうか。



梅雨入り前の桑摘みには、雨蛙さんもほら。
葉っぱに上手くカモフラージュしていたのでした。



「ヤブさん、梅雨入りしたんですってよ」

黒猫のヤブさんのヒゲが、気持ち下がったように見えた昼下がり。

私の大好きな季節、梅雨が今年もやってきました。


ニワトコの花シロップと青年。

04 23, 2015


卯月 月齢4

ニワトコフィーバー到来。
どこにいってもニワトコに出会う。

ヤマブキの花をバックに、咲きほころぶ姿が愛しくてしかたない場所に出逢った。

泣けるほどに美しい場所。

IMGP0402_2015042319402370c.jpg

ニワトコの木は、その香りで断定できるほど特徴的。

花だけでなく、葉っぱも。

葉は、甘い香りに覆い被るように鼻腔を包んでくる濃厚な、タールにも似た様な香り。

花の深く芳しい甘さがトロリと滴るような甘い香り(マスカットの様な、とよく表現される)に引き寄せられる。

IMGP0401.jpg

なので、先客がたっくさんやってくる。
その豊富な虫の種類にも興味がそそられるほどに。

みんな、そして私もニワトコの虜だ。

アブラムシたちは、ニワトコの緑に良く同化して、そのカモフラージュっぷりといったらお手上げだ。
なので、摘む時には虫を連れて帰らないように気をつけなくてはいけない。

そっと「こちらの花にどうぞ」してあげる。

575A4679.jpg

先日、森のある暮らしに、音楽に夢を抱くひとりの青年がやってきた。

悩みはとりあえずおいといて、花でも摘みに行くけど一緒にいく?

ということで、花摘みを手伝ってもらった。

すっかりニワトコマスターになった青年は、そのまま山に登ってみたいと言い、
私はさっそくニワトコのシロップを作りに家に戻り、
それぞれの時間を楽しむ事にした。

575A4710.jpg

ワークショップでよくお出ししていたニワトコのシロップ。



山の湧き水を汲んで暫く浸す。

これは、エキスをゆっくり出すという意味あいよりも、虫がもしも残っていたら、救ってあげる事が出来るから。

575A4707.jpg

お湯に浸して冷めるのを一昼夜まてば、香りの移ったインフュージョンローションが出来る。

ニワトコは肌のキメを整えてくれるとも言われている。

なので、シロップ作りに使った後の花も無駄にせず、お風呂に入れて楽しむのが私は好き。


シロップ作りの事を少しお話しましょうか。


花のシロップは、リラクゼーション効果が高い。
強張ったものを緩めてくれる。

ニワトコは、私にとって欠かせないもの。

花のシロップは、私には軽い頭痛にも効いてくれるし、風邪のひきはじめの筋肉の強張りにも効果を感じる。

枝は骨接ぎに使われていたという。
「毒学」というプログラムで足を挫いた時に使う薬を皆さんと作ったことがある。
参加者さんが後日早速足を挫いて試してみたら、炎症も和らいだと報告をいただいたこともあった。

実に関しては、その季節になったらまた改めてご紹介したいと思う。


次にニワトコの花のシロップレシピを。


私は、花のシロップは香りの強さによって作り方も多少変えているけれど、基本同じ。

弱火にかけ、時間をかけて香りとエキスを抽出する。

味見をしてよしよしと思ったら、お砂糖を加え、好みのシロップ度になるまでジックリ時間をかけて煮る。

私はビート糖をつかっている。

キビ糖で作る人も多いようだけれど、砂糖自体のコクがあって花の香りを邪魔してしまうように感じたので。

グラニュー糖で作る人もいるようだけれど、色はクリアのままだけれども、花の香りよりも砂糖の後味が口にこびりつくように残るように感じたから。

他にも色々と試してみたけれど、保存が他のものより効かなかったり、花の個性的な香りが活かせなかったりして、今のところビート糖に落ち着いている。

にしても、砂糖に関しては本当色々と論議が交わされる昨今。
お好みの素材で、どうぞ。

575A4714.jpg

最後にレモンで味をしめる。
私はワックスフリーの国産レモンを使っている。

575A4718.jpg

青年はひとり山の頂上へ登り帰ってきた。

ここに到着した時とは明らかに表情が違っていた。

「さっき摘んでくれたニワトコのシロップ出来たよ。森でお茶にしようか。」

一緒に裏庭から繋がる森の中のリビングへ。

575A4725.jpg

ニワトコの花のシロップは、あなたをあなたのベースラインに、フワッと戻してくれる。

そんなさり気ない優しさの味がする。
ニワトコの力をかりた、私なりの青年への応援歌。


山で何を見てきたのか聞きながら、小さな焚き火を。

575A4731.jpg

晴れる日もあれば、止まない雨の日もある。

当て所なく歩いていて見上げた空に虹が現れることもある。

それだけで全てOKに感じることだってある。

大概のことは、いたってシンプルだってこと。


ここで3日間過ごしたことで、自分の状況が変わることはないだろう。

けれど森で過ごした時間は、確かにキミの中に刻まれた。

ニワトコがまた咲いたら、私はきっとキミを思い出す。



いってらっしゃい。

また森で。

Current Moon
CURRENT MOON
プロフィール

Author:Coo
森のある暮らし「ことり〜cotori〜」主宰。 三日月生まれ。 森と写真と黒猫と美味しいものと。 Coo、時々、久弥子。

最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
mail
ご質問・お問い合わせ等はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
Cooと繋がるアーティストさんたち
RSSリンクの表示