テントウムシの惑星。

01 29, 2015


睦月 月齢9

一匹のテントウムシが在りました。
点々デコラティブな宇宙服に包まれて。

ある惑星に着陸。
さてさて、随分と遠くに来たものだ、、

暫くこの惑星の美しさを探索堪能しておりました。




「O前は、ドノ星のモンダっ?」

とある日、現住の民がドヤドヤと現れました。
とはいえ、久々に言葉を発したのでかなりたどたどしい。。。しかも、宇宙服のデザインが大きな赤い目で威嚇する。。。



面倒を嫌うデコラティブな君は、

「いやいや、そんな、名乗るほどのものではありませんで、、」

と。。。



引け腰に後退し。。



「惑星は、何もここだけじゃないもんね」

と一言残して。。



飛び立った。

そしてまた独り。。。

変わらない日常がまた切なくも美しく繰り返す。



デコラティブな君は、惑星を超えて、何やら未開の地へ。

冒険に継ぐ冒険。世界の美しさを探索す。


それぞれの人生(虫生)のほんの一瞬の出来事でした。


おしまい。

(このお話には深い意味はありませんw)



裏高尾を離れる前に、地元でお世話になった方に、美味しいご飯とお酒を交えてお誘いいただきました。

裏高尾に引っ越して来た時の話で盛り上がっていると

Kさん「うちはね、カメムシとテントウムシ屋敷だったのよ!!」

Tさん「うちも!カメムシ屋敷!!」

「くぅたちの新しい家は一軒家?」

私「そうなの。オーナーさんの別荘だったらしくて、住んではいなかったらしいんだよね。」

KさんTさん「間違いない!カメムシ屋敷だ!!大笑」

え~、次も山だしね、、せめてテントウムシで、、、と内心願っていたのを、引っ越したその日に思い出しました。


カメムシさんに失礼ですから、あまり声に出して言えませんが、、

(「幸い、テントウムシ屋敷だったよー!」と、おふたりに伝えたい)


ladybug house

なんて呼んだら可愛い響き。ね?


でも、踏んづけてしまっては可哀想なので、見つけると陽向に放ってあげてはいるのですが、、、確かに家の中の方が暖かいしね。。。

ほっといても、春が来たら旅立ってしまうのかしら、、、と何だかんだちょっと愛おしいこの頃。

しかも、何種類かいることに気づいてしまったのです。。。



春よ、ねぇねぇ、春さん、ゆっくりおいでなさいな。


そんな事を想う昼下がり。

いくら眺めついてもあきないよ。

ありがとね、テントウムシさんたち。

Current Moon
CURRENT MOON
プロフィール

Author:Coo
森のある暮らし「ことり〜cotori〜」主宰。 三日月生まれ。 森と写真と黒猫と美味しいものと。 Coo、時々、久弥子。

最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
mail
ご質問・お問い合わせ等はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
Cooと繋がるアーティストさんたち
RSSリンクの表示