秋の露草。

09 19, 2017
IMGP7570.jpg 

IMGP7572.jpg

IMGP7575.jpg 

IMGP7566.jpg  


長月 月齢28


「風邪でもひいた? 」

台風がやってくるという日の朝、目覚めてきた樹さんの声が3トーンくらい低かった。前日に続き、京都市内でのライヴが控えていたので気になった。

「露草を摘んできましょうか?」



 露草の可憐な花は、朝露のように その日のうちに消える。故にとても繊細で、水に生けてもすぐにしぼんでしまう。随分と前のことだが、露草を摘んで持ち歩き、あっという間にしおれたと言ってポイとされた露草がいたたまれず、薬効を調べ薬にしたことがある。意外にも薬効の多さに驚いた。喉にも効くというのを知ったのはその時だ。

その頃私は、しょっちゅう喉の調子を悪くしていた。乾燥させ常備していた。するといつからか、庭に露草が生える様になったのだった。干す過程でこぼれた種があったのだろう。

「庭には、そこに住む人や家族、大切な人に必要な薬草が生えて来るものだ」と教えてもらったことがある。それはつまり、そういうことなのかもしれない。




 朝露に潤んだ露草を摘みに出かけた。薬草の居場所は、私の脳内薬草地図にインプットされている。

その日も露草の朝露を飲みにきている先客がいた。「間違いなく美味しいでしょうね」と暫く眺める。私も露草の朝露を指に受け口にしてみる。ゆっくりすーーっと、何かが自分の内に落ちてゆくのを感じる。

煎じる、煎じる、煎じる。

「湯気を鼻から含んでから、喉を撫でる様に少しずつ服んでね」と渡す。夫にとって効いたかどうかはわからないけれど、この一連の工程を経て、私自身がすっかりバランスが良くなっているを感じていた。



薬草を扱うというのは、そういうことだと思う。だとすると、身近な人が体調を崩すと、自分のバランスを整える機会を頂くことにも通じる。だからそういう時は、有り難いことだと心から想う。



 そして今日も、ツユクサの限りなく澄んだ青い花が咲いている。台風一過の秋空よりも深い色を放っている。飾り雄しべ(露草には実は3種類の雄しべが一つの花の中にある)、の黄色とのコントラストが何とも愛らしい。

梅雨の頃に咲き始め、真夏に花の盛りを一旦緩めたかと思うと、この時期に再び咲き誇る。


秋の季語である露草。
なるほど、今の季節の露草は愁を増して尚、美しい。



・・・・・・・・・・・・・・

ツユクサ

生薬:鴨跖草(おうせきそう)
薬効:解熱、かぜ、解毒、熱性下痢、咽頭炎・扁桃炎、あせも・かぶれ・皮膚のかゆみ、など。
採取時:開花時
利用法:乾燥させて煎じる

*乾燥前に一度蒸すと良いともいわれるけれど、私の経験上、茎等が厚く乾燥に時間がかかるためだと思われる。梅雨の合間の天候が不安定な時には良い。秋の晴れが数日続く時は、その必要はない様に感じる(あくまでも個人の感覚なので、お試しください)。




続きを読む »

Current Moon
CURRENT MOON
プロフィール

Coo

Author:Coo
森のある暮らしを綴ったフォトエッセイ。 裏高尾、筑波山を経て、現在 京都・比叡山にて。 森の事、野草や薬草のこと、森料理、日々のあれこれなど。 森の風があなたのもとにも届きます様に。

最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
mail
ご質問・お問い合わせ等はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
Cooと繋がるアーティストさんたち
RSSリンクの表示