FC2ブログ

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月蝕と月影絵と。

02 01, 2018
IMG_9729_2018020100515663c.jpg

IMG_9733_20180201005158d0a.jpg
IMG_9745_2018020100515874f.jpg

IMG_9752_20180201005200a95.jpg


山の稜線の一点が薄ら明らんでくる。
「あぁ、あそこから顔をだすのね」と吊り橋の上で待つ月の出。

夫の帰りを待ちながら、月蝕が始まる前の満月を愛で遊ぶ。
月影絵。

IMG_9785_20180201005201ea2.jpg
IMG_9795_201802010052039bb.jpg


カラカラに乾いた実たちと。

IMG_9798_20180201005204179.jpg


膨らみはじめた蕾たちと。

IMG_9806_20180201005206f7e.jpg


月蝕のはじまりを眺めていた。雲がかすめ、光の強弱で空の表情が豊かに変化してゆく様を見つめていた。

まだまだだね、と一旦家に戻り、夕飯にすることにした。


結論から言うと、呑気に夕食を食べていて、皆既月食のピークを見逃してしまった。

「そろそろ、、、」と家を出ると空はすっかり曇っている。星も見えない。「あっ」と夫が指差す先を目で追うと、ウッスラ、目をこらすと何となくボヤッと白けている染みの様なものがある。

雲の靄の中、月が戻ってゆくところだった。

赤い月を「イクラみたいだね」と友人たちと眺めたのは、裏高尾に住んでいた時以来。何年前のことだろか。
あの月をもう一度みたくて、随分と前からソワソワしていたというのに、、、。



とはいえ、


こうしてカメラに今夜残された写真たちを眺めてみると、「なーんだ、十分以上に今回の満月を楽しんでいたじゃない」と思わず笑い、妙に満足した。


関東の友人知人たちはイクラの様な月を観れたらしい。京都では観られたのだろうか。知りたい様な、知らないまま満足していたい様な、、、。



とにかく、


実に良い月夜でありました。


月が隠れた闇の向こう側に消えた、鹿の蹄の音が、今も耳の奥に残っている。



おやすみなさい。優しい夢を。









スポンサーサイト
0 CommentsPosted in
Current Moon
CURRENT MOON
プロフィール

Coo

Author:Coo
森のある暮らしを綴ったフォトエッセイ。 裏高尾、筑波山を経て、現在 京都・比叡山にて。 森の事、野草や薬草のこと、森料理、日々のあれこれなど。 森の風があなたのもとにも届きます様に。

最新記事
リンク
カテゴリ
mail
ご質問・お問い合わせ等はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。