新緑の森冒険、その4。矢印Tくんの木登り。

05 17, 2012
IMGP8311.jpg

皐月 月齢25日

「いろいろパレット」〜小さな冒険プログラム〜【新緑の森冒険】

木登り。
ふと登ってみたくなる木って、あるものです。

Kくんは、この木の曲がった幹の部分が、いかにも座り心地が良さそうで、急斜面に突き出した木を登り始めました。
・・・が、あまりの急勾配に足がすくみます。
ちょっと止まって、降りる?どうする?その判断は自分にしか出来ません。

そんな感覚、私は冒険隊のみんなに沢山経験してほしいと思っています。
危険を伴うからこそ、私としても息するのも忘れて見守ることが多々あります。けれど、それなしには語れないものってあるのです。

IMGP8345.jpg

Tくんは必死です。ここから先がどうしても登れません。
その必死さが、このお尻の角度に現れています。

「お尻が矢印になってるよ!」 誰かが指差し叫びました。

IMGP8350.jpg

みんな大笑いです。Tくんもつられて笑って力が入りません。

「もー!やめてー!笑わせないで〜!」とTくんは叫び返しますが、その矢印っぷりがあまりにも見事で、みんなの笑い声はドンドン大きくなります。

この日からTくんは「矢印T」と命名されました。

IMGP8382.jpg

ただ木登りをしているだけのことです。
なのにどうしてこんなにも絵になるのでしょうか?
なのにどうしてこんなにもストーリーに溢れているのでしょうか。
森と子どもの不思議です。

IMGP8353.jpg
IMGP8349.jpg

Tくんの笑いが、初参加で最年少のMくんの心をほぐします。
Mくんの目には、トビキリの可笑しさと共に、チョビッとの憧れが映っているのを感じました。

響いています。今でも私の中に響き渡っています。
あの時のみんなの笑い声、鳥たちの声、強い日差し、心地よく頬を撫でる風、ざわめく新緑・・・

ねぇ、T。
あの木、何十回チャレンジしたかなぁ? 
その根性、カッチョいいじゃない。そんなTの男前さに、Cooはホレボレだよ。
側にいるモミの木に、クリスマスには松ぼっくりとかで飾り付けしたいってアイディア、ロマンチックでもっとホレボレ。

またあの木に会いにいこう。約束するよ、T。

関連記事
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
Current Moon
CURRENT MOON
プロフィール

Coo

Author:Coo
森のある暮らしを綴ったフォトエッセイ。 裏高尾、筑波山を経て、現在 京都・比叡山にて。 森の事、野草や薬草のこと、森料理、日々のあれこれなど。 森の風があなたのもとにも届きます様に。

最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
mail
ご質問・お問い合わせ等はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
Cooと繋がるアーティストさんたち
RSSリンクの表示