新緑の森冒険、最終話。思い出と共に歩む。

05 19, 2012
IMGP8156.jpg

皐月 月齢27日

「いろいろパレット」〜小さな冒険プログラム〜 【新緑の森冒険】

私たち「つきのわぐま」が活動拠点とさせていただいている裏高尾の森にあったウッディハウス。
「あった」とは、過去形。

あの出来事から一ヶ月が経とうとしています。

IMGP8419.jpg

【新緑の森冒険】の最後、私たちが森の中で見つけたもの。

焼かれしものの一部。

あの日は優しい雨が降り続いていました。雨が森を守ってくれたかのようでした。
その際に、熱風でヒラリと飛ばされたのでしょうか。

IMGP8421.jpg

「ねー、くぅー、記念にとっておけば?」
みんなで順番に手にしていると、誰かがそう言いました。

「記念」

思い出、いっぱいあったもんね。
ねぇ、みんな、覚えてる?

キャンプというと必ずと言っていいほど大雨の洗礼を受けるパレット冒険隊は、いつもあの軒下で雨宿りさせてもらったよね。

ねぇ、覚えてる? あの「夏いろ冒険キャンプ」。
雷が恐くって、Aちゃんが泣き出すと、みんなもこらえていたものが溢れ出して、Kくんも泣き出して・・・
大きい子たちだって本当は怖くて仕方なかったのに、自分に言い聞かすかのようにKくんたちを慰めて・・・
でも、泣き止めなくて・・・自分たちだけで火おこしして、あの湿度の中やっとの想いで着けられた火で作ったスペシャルカレーもドンドン冷めちゃうし・・・けれど涙の味しかしなくって・・・

「甘ったれんな! お前、何しにきたんだ!」って、Kenの雷が落ちたっけ。
Kenの雷の方が怖くって、みんな一気に涙も怖い気持ちも飲み込んだっけ。

すかさずKくんから出た言葉。涙いっぱいの瞳で、真っすぐに向けられた気持ち。

「ぼく、がんばる」

CooもKenもそのまっすぐさに感動して、涙でちゃったっけ・・・

その後、私たちはみんなで肩寄せ合って、Kenちゃん劇場に大爆笑してさ。
みんなが笑うと、雨もやんで、夜空には満天の星が広がって、カジカガエルの鳴き声が森に響き渡って、蛍が微かな光を放って、雨上がりの香りが体いっぱい染み込んでいったっけ・・・

この間の春キャンプでも、大雨の中冒険会議の意見が中々決まらなかった時・・・
あの軒下で雨をしのぎながら、話し合いに話し合いを重ねた結果、「雨の日にしか見れないものがある」「よし、冒険にいこう!」って、みんなは雨に対して前向きになれる強さをもらったっけ。

あの軒下で。

あの軒下で、私たちは泣いたり、笑ったり、口論したり、気持ちを一つにしたりしてきたね。

ねぇ、みんな。
あの建物も、軒下も、今はなくなってしまったけれど、「あぁ、あの時、あの場所で」ってみんなで想えるものがあるって、とっても素敵なことだと思わない?

森が無事でよかったね。森さえあれば、私たち森冒険隊は全てがそろっているんだよね。
そう、だから、よかったね。
残念だけど、よかったよね。

あの出来事の後、みんなが初めて丸焦げになったウッディハウスの前に立った時の、ひとりひとりが合わせていた手、目を閉じて祈っていた姿、Cooはきっとずっと忘れない。

ん、忘れない。

森よ、ありがとう。
あなたがいるから、私たちがこうしてあります。

雨よ、ありがとう。
あれ以来、あなたが降り注ぐ度に、私はあなたのことを益々好きになっています。

みんなみんな、また森で。
次の冒険も楽しみだね!!

関連記事
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
Current Moon
CURRENT MOON
プロフィール

Coo

Author:Coo
森のある暮らしを綴ったフォトエッセイ。 裏高尾、筑波山を経て、現在 京都・比叡山にて。 森の事、野草や薬草のこと、森料理、日々のあれこれなど。 森の風があなたのもとにも届きます様に。

最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
mail
ご質問・お問い合わせ等はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
Cooと繋がるアーティストさんたち
RSSリンクの表示