想う、けれど語れないということ。

10 20, 2011
roots

神無月 月齢22日

「台風の傷痕」と人は呼ぶけれど、私の目には、それはとてつもない優しさと、ある種の憧れが映ります。
「立派な樹を失ったね」と人は悲しがるけれど、私の目の前には未だ確かに森の一部として変わらずいます。
「お疲れ様」と人は声をかけるけれど、私の心には、ここから始まった森の役割を担うものの生命力を感じます。

with the earth and back to the earth

植物は種として大地に着地し、実を横たえることから始まり、大地に垂直に育ち、やがて森そのものとなり、そしていつかは大地に再び横たわることで、大地そのものになります。

時々、想うことがあります。
私の身体もそうであったことを。そしてそうであろうことを。

「死」を想う時、「生」を想わずにはいられないのと同じように、この森を、そして私自身をも想うのです。
「生」には「死」が、「死」には「生」が、共にあるという限りない優しい関係性のことを。

それらについて想うことはできても、それらについて語れはしない自分に、「それでいいんだよ」と話しかける朝の森散歩。

「ぼく、お外で遊べないの」と笑顔を見せた、幼い男の子がいました。
「死ぬってどういうこと?」と問うてきた、幼い男の子がいました。

その真っすぐな瞳と心に対して、何も応えてあげられなかった15年前の自分の痕跡が、今も心の奥深くに消えぬままあります。
けれど、この森に通ううちに、「それで良かったんじゃない?」と想うようになりました。

森は私の偉大な先生です。
そして、子どもたちもまた、私の偉大な先生です。

そして、今日も穏やかな一日です。
関連記事
0 CommentsPosted in
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
Current Moon
CURRENT MOON
プロフィール

Coo

Author:Coo
森のある暮らしを綴ったフォトエッセイ。 裏高尾、筑波山を経て、現在 京都・比叡山にて。 森の事、野草や薬草のこと、森料理、日々のあれこれなど。 森の風があなたのもとにも届きます様に。

最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
mail
ご質問・お問い合わせ等はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
Cooと繋がるアーティストさんたち
RSSリンクの表示