「彩」〜草木染め〜 特別企画【日本の伝統色染め】

09 14, 2012
IMGP1870.jpg

長月 月齢27

森はすっかり秋の空気となりました。
みなさま、いかがお過ごしですか?

8月25日(土)「彩」〜草木染め〜が久々に開催させていただき、無事に終了する事が出来ました。
今回は年に一度の特別企画【日本の伝統色染め】に、愉快に心暖かな方々にお集まり頂けた事、本当に心から感謝です。

IMGP1933.jpg

まだまだ気温的には暑いこの日、木漏れ日が何とも心地よく、和気あいあいと絞りの行程ががすすめられていました。
みなさん、ご自分の心の赴くままにデザインしてゆきます。それが何とも自然体で素敵でした。

IMGP1880.jpg

通常の「彩」では、この森に落ちているものを染め材として集めて焙煎するのですが、この企画の時だけは、私どもで染め材をご用意させていただいております。

IMGP1963.jpg

2種類の染め材。参加者さんであるPさんのアイディアで、その2種を混ぜ合わせる事に。
2種類の定着液。
というわけで、同じ植物の染め材を使っても、少なくとも6種類の色を創り出せるわけですが、これが不思議な事に、おひとりおひとり微妙に異なった色になるのです。一人一鍋の醍醐味でしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実はこの企画、初夏の頃に一度企画したものの、キャンプ場炎上により、開催中止とさせていただいたものを復活させたものです。
あれから数ヶ月がたち、こよなく愛したウッディハウスの面影も日に日に薄れゆき、今では「ない」事がベースラインとなっているかのようです。

あぁ、月日というものは、風化によって大地をならすだけでなく、人の心をも平らにしてくれるものなのですね・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次回「彩」〜草木染め〜は、11月の【紅葉の彩】を予定しております。
日程などの詳細が決まり次第、またお知らせさせて下さい。

みなさん、愉快な一日を、本当にありがとう。
森よ、ありがとう。あなたがこうして在るから、私たちがこうして在れます。

それではみなさん、また森で。

「彩」〜草木染め〜特別企画【日本の伝統色染め】の様子はここをクリック!
関連記事
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
Current Moon
CURRENT MOON
プロフィール

Coo

Author:Coo
森のある暮らしを綴ったフォトエッセイ。 裏高尾、筑波山を経て、現在 京都・比叡山にて。 森の事、野草や薬草のこと、森料理、日々のあれこれなど。 森の風があなたのもとにも届きます様に。

最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
mail
ご質問・お問い合わせ等はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
Cooと繋がるアーティストさんたち
RSSリンクの表示