大切なお知らせ。「ken、最後でした。」

01 16, 2013
IMG_1413.jpg

睦月 月齢3

初積雪が大雪となった裏高尾の森から、今日はちょっと畏まって、長文ですが綴らせていただきたいと思います。

空と大地の教室「つきのわぐま」は、私とKenの地元である裏高尾の森を拠点に、今年の3月で発足から6年目となろうとしております。

6年前を振り返ってみると、本当に色々な事がありました。
今でも記憶の中に鮮明に残されているこの1枚の写真。
これが撮影されたのが、「つきのわぐま」発足初日、「いろいろパレット」第一回のスタートでした。

想いばかりが先行していたあの頃、地元の諸先輩方のご指導のもと、沢山のアドバイスや応援を頂きながら、何とか形にしてきた次第です。

そして大好きなこの森を通して、沢山の方々に出会う事が出来、「ひとりでも来て下さる方がいらっしゃるならば開催する」ということだけをモットーに、皆様に支えられながらも、こうして細々とでも続けてこれたこと、本当に心から感謝してやみません。

P8284622.jpgIMGP6905.jpgIMGP1577.jpgIMGP3247.jpg

そして、誠に突然ではありますが、一緒に「つきのわぐま」を主催して参りましたKenが、この度、「つきのわぐま」を辞めることとなりました。

12月に決まり、年明けの「冬いろ冒険キャンプ」を最後に、全てを退く運びとなりました。
先週の「いろいろパレット」から、実は新しく始まっておりますこと、事後報告になってしまった方々、本当にごめんなさい。

12月以降のプログラムにご参加頂けた方々には直接ご挨拶出来たのですが、年末から今の今まで、お世話になった方々へのご挨拶を、おひとりずつ心を込めてメールやお手紙でさせていただいていおり、未だにその作業は終わっておりません。しかし、プログラム進行上、これ以上のお問い合わせに対応できない状況となってしまったため、失礼ながらもここにこうして綴らせていただき、改めてご挨拶させていただけたらと想っている所存です。


Ken自身のブログでも、ご挨拶を綴らせていただいております。
少々ぶっきらぼうではありますが、Kenらしいご挨拶と捉えていただけたらと思います。


というわけで、「つきのわぐま」のプログラムは、今後大きく変化せざるを得なくなりました。

「森散歩」とシリーズ企画「ドク学」〜五感で学ぶ毒野薬草学〜は、Kenが主催でしたため、前回をもって、最終回とさせていただきました。

「彩」〜草木染め〜に関しましては、春以降、多少形は変わるとは思いますが、引き継いでいけたらと考えております。
また、その中で私が担当しておりました森の味カフェ「弥日月の刻」は、何かしら良い形で残したいとも考えております。

大人対象プログラムに関しましては、今後は私Cooが新しいプログラムを特別企画としてプログラミングしていくこととなります。
より気軽にどなたでもご参加頂け、ワクワクするようなものを考えていきたいと思います。

「いろいろパレット」〜小さな冒険プログラム〜に関しては、従来通り開催して参りますが、安全面を考慮し、定員を少なめに設定させていただくことを、ご了承頂けますようお願いいたします。

尚、それに伴い、パレット卒業生でもある経験豊富なスタッフたちの森冒険同行の申し出も、積極的に受け入れていくこととなりました。
早速ですが、週末に開催した森冒険では、スタッフのkanaeが大雪の中、冒険に心弾ませながら駆けつけてくれました。本当に有り難いことです。彼女たちがお手伝い可能な時には、今後もお願いしたいと思います。

そして、親子プログラムも、今後増やしていく事も考えていきたいと思います。


全ては私1人でも可能な範囲で、少しずつやっていけたらと想っているのが正直なところです。

IMGP9475.jpg

Kenと出会ったのは15年ほど前。
長い付き合いではありますが、こうして共に何かをやってこれたことは、時として本当に大変なことではありましたが、その分学びも多く、それは大きな財産だと私は思っています。

特に子どもたちからは絶大な人気だったKenですから、冒険隊のみんなも寂しい事でしょう。
まだ会えていない冒険隊メンバーへは、次会えた時に、私からきちんとお話させていただきます。

IMGP1755_20130116142634.jpg

パレット森冒険隊のみんなへ

急なことでびっくりしたよね、本当にごめんね。

Kenちゃん劇場がもうみれないのは寂しいよね。
ドングリ体操、Cooは覚えてないし・・・
火おこしも、力仕事も、Cooじゃ、ちょっと心配って思ってるでしょー?

そうね、そうね、そうかもね

でもね、みんな、

きっとその分、森はみんなにギフトをくれるよ。
Cooもチョビッとがんばるからさ、みんなも一緒に冒険続けてくれたらうれしいなー。


そうね、そうね、そうだよね

あのね、みんな、

楽しかった思い出も、一緒に涙した思い出も、kenの大きな雷の数々も、ひとつひとつ笑い話として大切にしまっておこうね。

Kenは高尾に入るからさ、冒険中にkenを見つけたら、みんなで上手に隠れてビックリさせようよ!
そのためにもさ、森のカクレンボの技、磨いていかなきゃね!!

だから、森の入り口にkenのサンダルがあったら要注意だよ!

ね、みんな、
ひとつ楽しみができたでしょう??

だから、だからね、

また森で!!

みんなみんな、大好きよ。

kenも皆の成長を想っているのは変わらないからね。

みんな、せーーのっ!

「kenちゃーーん! ありがとーー!」

関連記事
4 Comments
By hare01 20, 2013 - URL [ edit ]

「kenちゃーーん! ありがとーー!」

「Cooちゃーーん! よろしくーー!」

By hina01 20, 2013 - URL [ edit ]

また、森で!!!!!!!

By Coo01 23, 2013 - URL [ edit ]

hareさん
ありがとう
こちらこそ、よろしくね
もっともっとよろしくね!
いつもいつもありがとう

By Coo01 23, 2013 - URL [ edit ]

hina

ん!!
また森で!!!!!!!!!!
スタッフとしてもよろしくね!

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
Current Moon
CURRENT MOON
プロフィール

Coo

Author:Coo
森のある暮らし「ことり〜cotori〜」主宰。 三日月生まれ。 森と写真と黒猫と美味しいものと。 Coo、時々、久弥子。

最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
mail
ご質問・お問い合わせ等はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
Cooと繋がるアーティストさんたち
RSSリンクの表示