「彩」〜草木染め〜 特別企画【土佐山草木染めワークショップ〜森の一着をつくる!】@高知・土佐山アカデミー

03 06, 2013
IMGP1741.jpg

憧れ。

想い焦がれていたものが、目の前に現れるという事。

想い描いていたものと、実物・現実に、ブレがない、もしくは想像以上であるという事。

そんな出会い、人生の中で何度あるだろうか・・・

IMGP1726.jpg

高知、土佐山。

この山間にポッカリ顕在する土佐山アカデミーにて、「彩」〜草木染め〜を開催させていただきました。

高知に行った事もなければ、日本地図のどこだったかもあやふやなのに、今は亡き日本が世界に誇る植物学者、牧野富太郎さんへの憧れだけで移住を本気で考えたのが10年ほど前。心のどこかにそのことを秘めながら、今に至っていました。

ところがある時、土佐山の生姜を青山のファーマーズマーケットで販売して、大都会と遠く離れた里山を繋ぐ架け橋となっている友人の紹介で、土佐山アカデミーの発起人である林篤志氏と知り合い、土佐山の話をうかがっていく中で、彼らがやろうとしている「次の百年のために」という想いへの共感とともに、今回こうして関わらせていただけることになりました。

土佐山を散歩しながら染め材を集め、一人一鍋で土佐山で過ごした一日の色をTシャツに染め上げ、森を身にまとう。
「春を前に、森の一着を作ろう!」特別企画を、土佐山アカデミーさんがフルサポートして下さいました。
そんな「つきのわぐま」meets 土佐山!です。

写真

土佐山色に染まる一日。
「つきのわぐま」が一番大切にしているのは、染の行程そのものよりも、実はこの森散歩だったりします。

写真-1IMGP1954_20130306092301.jpgIMGP1959.jpgIMGP1946.jpg

はじめは何を集めたらいいのか戸惑っていた大人たちも、森をフラフラするうちに気づけば童心に戻っている。
そんな姿がなんともステキです。

IMGP1962.jpg

土佐山がいかに恵み多き山である事は、こうした僅かな時間内での散歩でも、このとおり物語ってくれます。

サイトを決める時にいつも感じる事ですが、歩いてみないとわからないことがあり、そしてその森で過ごせば過ごすほど、森は言葉ではない何かで語りかけてくれている事に気づかされます。

実に淡々と。
時に厳しくも、この上ない美しさを放つ面持ちで。

それがなんともたまらなかったりするのは、私だけでしょうか?

IMGP1963_20130306092631.jpg

この絶景を背景に、プログラムをすすめさせていただける贅沢。

IMGP1986.jpg

高知県内からだけでなく、岡山や東京や長野などからいらした方々もご参加頂きました。
皆さん本当に愉快に個性的で、こうして出会わせていただけた事に、心から感謝です。

IMGP1976.jpgIMGP1992.jpgIMGP1980.jpgIMGP2001.jpg

土佐山アカデミーの方々の人柄の良さと、面白さもプラスされて、本当に和気あいあい、終止笑いが絶えない一日を過ごさせていただきました。

土佐山アカデミーさんがご用意くださったワークショップ終了後のアンケートの中でも、ご参加頂いた方々全員に共通して記入していただけたのは、「満足度」の「スタッフの対応」でした。
これは、スタッフだけでは成り立たないものであります。ご参加頂いたおひとりおひとりのワクワク楽しまれていらっしゃる粋な心持ちが溶けあってのその場の雰囲気であり、それが「満足度」につながったのだと想います。

IMGP2010_20130306092632.jpgIMGP2016.jpgIMGP2021_20130306092844.jpg

こうして彩られたオリジナルTシャツ。
定着液に、皆さん仲良く(?)そろって鉄水を選ばれたため、激的な色の違いがあったわけではありませんが、それでもよく見ると違いがやはりあり、同じ時間、同じ道、同じ様に歩いて染め材を拾っても、やはり違いがでることに「はぇ〜!」となりますね。

それが染め材を単一に集めて染めるのではなく、出会ったものを集めて染めることの面白さであり醍醐味なのだと想います。

IMGP2022.jpg
IMGP2023.jpg


土佐山の色に、ご自分の色が足される、そんな感じです。
まさに「土佐山と私」。

「森を身にまとう。」そんな草木染め、これからも続けていけたらと想います。

IMGP1738.jpg

ご参加頂いたみなさん、本当に愉快に楽しい一日を彩って下さって、ありがとうございました。
またお会い出来る事を心から願っています。

土佐山アカデミーの皆さん、こんなにもステキな場所でプログラムを開催させていただけて、本当に幸せでした。ありがとう!また皆さんにお会いしたいです。

そして、土佐山さん、心からありがとう。あなたと繋がれた事を、今も心の深いところから特別に感じています。

ありがとう。また森で。

↓この日の様子は、空と大地の教室「つきのわぐま」のホームページ、「活動報告」にて、写真アルバムをご覧下さい。
出張「彩」〜草木染め〜 特別企画【土佐山草木染めワークショップ〜森の一着をつくる!】@高知・土佐山アカデミー



関連記事
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
Current Moon
CURRENT MOON
プロフィール

Coo

Author:Coo
森のある暮らしを綴ったフォトエッセイ。 裏高尾、筑波山を経て、現在 京都・比叡山にて。 夫の樹さん、黒猫のヤブさんと私Cooこと久弥子、ふたりと1匹、森暮らし。 森の事、野草や薬草のこと、森料理、日々のあれこれ、など。 森の風があなたのもとにも届きます様に。

最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
mail
ご質問・お問い合わせ等はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
Cooと繋がるアーティストさんたち
RSSリンクの表示