子どもたちの優しさと、森の優しさと。

07 10, 2013
IMGP3613.jpg
文月 月齢2日

それは、「いろいろパレット」〜小さな冒険プログラム〜での事です。


「友だちっていいね」
ファインダー越しに、思わず微笑んでしまう瞬間てあります。

肩を寄せ合って、沢をゆくふたり。

足元が見えなくて、探り探り、一歩、また一歩。
片寄せ合い、お互いのペースを合わせ合う優しさが、溢れています。


コジュケイたちも、この時ばかりは横目で通り過ぎ、その場を譲ってくれたのです。

それはまるで、森の住人たちからのギフトであるかのように。


IMGP3390_20130710151104.jpg

沢のほとりで。

水に入る前に水面に広がる波紋を確かめる優しい手つき。

その横を・・・

IMGP3395_20130710151105.jpg

一枚の葉っぱが流れてゆくのでした。

それはまるで、森からのギフトであるかのように。

IMGP3519.jpg

さっき、妹の不安を抱きしめてあげたNくんは、滝を目指そうとしてこんなものを見つけました。

「だれの巣だろう・・・」

IMGP3527.jpg

森は、その時その場でその答えをくれる事はほとんどないのだけれど、こうした疑問を抱いた事を思い出させてくれるかのように、時々、そう、本当に時々、そのヒントをかいま見せてくれる事があります。

それは、ギフトのように目の前に現れ、
それは、子どもたちのことを見守ってくれているかのように思う事があります。

子どもたちの優しさと森の優しさ。

それは、それぞれにとっては、こんなにも淡々としているのにも関わらず、どうしてこれほどまでに心暖めるのでしょうか・・・。

森も子どもたちも、私の大先生です。そんなことを感じずにはいられなかった冒険の一日。

あぁ、もうすっかり夏だね。

また森で。

5/19(日)「いろいろパレット」〜小さな冒険プログラム〜 活動報告はここをクリック!
関連記事
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
Current Moon
CURRENT MOON
プロフィール

Coo

Author:Coo
森のある暮らしを綴ったフォトエッセイ。 裏高尾、筑波山を経て、現在 京都・比叡山にて。 森の事、野草や薬草のこと、森料理、日々のあれこれなど。 森の風があなたのもとにも届きます様に。

最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
mail
ご質問・お問い合わせ等はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
Cooと繋がるアーティストさんたち
RSSリンクの表示