「夏いろ冒険キャンプ2013」〜森の夜〜

10 08, 2013
575A5549.jpg

「夏いろ冒険キャンプ2013」での物語です。

いつも冒険の初めに集合して、その日向かう方向を決める「冒険会議の森」

キャンプの夜、私たちは足音を潜めて向かいます。

575A5555.jpg

パレット森冒険隊のみんなが好きな夜の森の遊びがあります。

「鷹とウサギ」

食う、食われる、攻める、守る、を野生動物の様に夜の闇を見方にして動く。
息をひそめ、音を立てず、沢の音をも見方につけて、お互い気づかれない様に移動する。

出来るだけ暗い色の服装で、大地を這いながらも出来るだけ身体をすらないで繊細に、時に大胆に、、、

そんな遊びです。

子どもたちはこの遊びをすると、遊びなのだけれど、夜行制動物たちのことを考え、感じる様になります。

夜の森で大騒ぎするのではなく、気配を感じようとする。
ちょっとした光に敏感になる。
仲間との距離をより近くに保ったり、時には敢えて離れてみたりも。

それは、ただの遊びなのだけれど、不思議です。
1時間ほどですが、夜の森のリズムに合わせて過ごしてみると、その後の過ごし方さえ変わってくることも多々あります。

パレット森冒険隊には1つだけ、お約束があります。

「全てに優しく」

それは、人に、仲間に優しくするだけでなく、森にも森の住人たちにも、一本の草木にも、、、

森に優しく、とは、森のリズムから外れない様にいる、そういうこともその1つなのかもしれません。


「今、何か聞こえた?」
「イノシシの鼻息かな、、、?」

みんなで振り向き、目を凝らして辺りの気配を感じようと、そんな会話が交わされる。

そんなちょっと変わった夜の遊び。
みんなの会話、みんなの表情が実にステキなのです。

575A5577.jpg

「こうしている今も、森のどこかで動物たちが動いているんだね、、、テントのすぐ側を横切って行く子もいるのかも、、、」

そんな言葉を寝ぼけマナコでこぼしたキミが、次の瞬間息が深くなって、私はその寝顔を見ると、思わず微笑んでしまうのでした。

キミが会いたがっている森の動物たちに、夢の中で会えたらいいね。

おやすみなさい。優しい夢を。

そうして私も、夢の中の待ち合わせ場所に向かう為、ぐっすり眠りにつくのでした、、、

「夏いろ冒険キャンプ2013」活動報告はこの文字をクリック!
関連記事
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
Current Moon
CURRENT MOON
プロフィール

Coo

Author:Coo
森のある暮らしを綴ったフォトエッセイ。 裏高尾、筑波山を経て、現在 京都・比叡山にて。 夫の樹さん、黒猫のヤブさんと私Cooこと久弥子、ふたりと1匹、森暮らし。 森の事、野草や薬草のこと、森料理、日々のあれこれ、など。 森の風があなたのもとにも届きます様に。

最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
mail
ご質問・お問い合わせ等はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
Cooと繋がるアーティストさんたち
RSSリンクの表示