「森時間プログラム」【森の蔓カゴつくり】

03 25, 2014
575A9607.jpg

弥生 月齢 23

はじめに、お詫びの言葉から・・・

11月あたりから写真展や新しく始める仕事などの関係で、活動報告等々が後回しとなってしまい、ご参加頂いた方々にはお待たせしてしまって大変申し訳ございませんでした。
ようやく時間が取れるようになった途端、体調を崩してしまい、少しずつアップしていけたらと想います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

森時間プログラム「森の蔓カゴつくり」
11/3(日)に開催したこのプログラムでしたが、私の中で今も鮮明に心に残っています。

森へ。

「森時間プログラム」ですから、森時間にチューニングすることからはじめさせていただいております。

森の中、ご自身が心地よいと感じるところに座り(寝そべり)、ここに来るまで引きずってきてしまっているあらゆる事をちょっとどこかに追いて、頭の中空っぽに「ただそこに在る」時間をもっていただきます。

575A9631.jpg

蔓の種類や性質、カゴ作りの基本をレクチャーしたら、実際に森を歩き回って、蔓に出逢います。

575A9625.jpg

剪定の仕方を簡単に説明すると同時に、どんな蔓をどのように、そしてどのくらいの量を頂くか、お話しさせて頂きます。

気に絡まった蔓を、外してあげるかのように優しく。会話をするかのように。
必要な分だけ頂き、足りなかったらまた丁度良い蔓を探しに森を歩いてみる。

森の素材で もの作りをするというのは、そう言った事を大切に出来き、そんな感覚こそが大切だと私は個人的に感じています。

575A9633.jpg

今回、久々に再会した友人が、赤ちゃんと一緒に参加してくれました。
空と大地の教室「つきのわぐま」発足以来、最年少の参加者さんです。

お母さんが製作中、私も赤ちゃんを抱っこさせてもらって、近くを一緒にフラフラ歩いてみました。

驚いた事に、好みの葉っぱがあるようで、その反応がとっても面白く心に残りました。
甘い赤ちゃんの薫りがとても心地よく、その可愛さに私の目尻は垂れっぱなしでしたよ。

575A9651.jpg

お母さんとあかちゃん。
それだけで何とも絵になります。

今年はお母さんと赤ちゃんの森時間会を企画したいと想っていたので、気持ちが固まるキッカケとなりました。
Cちゃん、ありがとう。

575A9646.jpg 575A9652.jpg 575A9656.jpg

のんびり、蔓の流れのまま、気持ちの赴くままに編んでゆきます。

不思議とおふたりとも平らな敷きものの様なカゴができあがりました。
ザックリとしていて とてもステキでしたね。

575A9657.jpg

最後に森の花茶と、この森からいただいたクルミの焼き菓子を。

森時間をご一緒させていただけて楽しかったです。
のんびり森でものづくり。
森を持ち帰るような感覚。
今、日常の片隅に在るであろうあのカゴを目にした時、使う時に、この森の空気やあの時の流れの感覚を、ふと思い出して頂けたら幸いです。

また森に来たくなったらいつでも。またご一緒出来たら嬉しいです。

また森で。
関連記事
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
Current Moon
CURRENT MOON
プロフィール

Coo

Author:Coo
森のある暮らしを綴ったフォトエッセイ。 裏高尾、筑波山を経て、現在 京都・比叡山にて。 森の事、野草や薬草のこと、森料理、日々のあれこれなど。 森の風があなたのもとにも届きます様に。

最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
mail
ご質問・お問い合わせ等はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
Cooと繋がるアーティストさんたち
RSSリンクの表示