6/22(日)森時間プログラム「森の五感瞑想会」詳細。

06 04, 2014
IMGP9842_201405230550363a6.jpg

水無月 月齢6

裸足で大地を踏み、樹の如く根を張るかのように、そこに立ってみる。
自然の中で、「ただそこに居る」ということを感じてみる。
そんな経験ありますか?
または、いつぶりですか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・

梅雨入り間近。「もうすぐ蛍ですね」という言葉が交わされるようになった、ここ裏高尾の森からお知らせです。

空と大地の教室「つきのわぐま」
「森時間プログラム」から新しいプログラムのご案内です。

題して、「森の五感瞑想会」

瞑想というと、なんだかとってもスピリチュアルな感じがしてしまうかもしれませんが、ちゃんと地に足をつけて、そこにあるものを鮮明に繊細に意識するだけのこと。
言うならば、「自然にドップリ浸かってみましょう会」です。

要は、森の力をかりて、あなたの細胞のひとつひとつを少しずつ呼び起こしてみませんか?という緩い感じです。

難しい事ではありません。
例えば樹々の様に、ただそこに佇むことの存在美を感じてみましょう。

そこに、様々な要素を足し、すこしずつ感覚を足してゆくことで、今までとはちょっと違った感覚の使い方、そして森を深いところで触れ、触れ合う過ごし方、体感されてみてはいかがでしょう。

IMGP0200_201405230550326a7.jpg

梅雨です。

森の香がより深く、触覚がダイレクトにわかりやすくなる季節かもしれません。

個人的な感覚ですが、梅雨の森は瞑想をしようとしなくても、感覚深くに響いてくるものがあるように感じます。
なので敢えてこの企画をしてみました。

IMGP0344-2.jpg

まずはよく観る事からはじめてみましょうか。
「五感」を意識する際に、視覚に頼ったり惑わされるなと良く言われますが、観る事で自分の内側に投影出来ることがあるように感じます。

目をとじても、自分の中に森を投影できるまで、じっくり向き合ってみましょう。

IMGP0402_2.jpg
IMGP0310.jpg

沢の音に耳を傾けてみましょう。
心も傾けてみましょう。
その流れに、自分の細胞を洗うかのごとく、たゆたわせてみましょう。

ご自分の体内に流れる水と外界を流れる水の温度を感じてみましょう。

IMGP9349_2014052305503400f.jpg

樹々の揺らぎ、草花のこすれる空気の動きを皮膚感覚で感じてみましょう。
そこから伝わってくる内なる生命を感じてみましょう。

目の前にいる植物に触れてみましょう。
植物に学び、裸足で大地を踏み、樹のように根を張り、そこに立ってみましょう。

IMGP7468_201405230543096e4.jpg
IMGP9540.jpg

森の住人たちに触れてみましょう。
そこから薫るものを身体いっぱい吸い込み、広げてみましょう。

そしてその薫りから届けられる味を感じてみましょう。
そして実際に口にしてみましょう。

その他、ゆっくりと時間をかけて、森を少しずつ移しながら、ひとつひとつ感覚を意識することを足していきましょう。


これら全ての工程を経て統合し、自分の中に森が広がってゆくのを体感してみましょう。
そして、まるでそよ風が吹く度に、自分の輪郭を消してゆくかのように、溶けてゆくことをイメージしてみましょう・・・


そんな一日の終わりはきっと、あなたが家を出た時とは、何かが確かに変わっている、、かもしれません。

そんな一日、梅雨の森でいかがでしょう。

IMGP7743_20140523054055564.jpg

【詳細】
日程:6月22日(日)
場所:八王子市裏高尾
集合:11:30 「日影」バス停
(*電車でお越しの方は、JR/京王線「高尾」駅北口より「小仏」行きバスに乗車。「日影」で降りて下さい。
 11:13発のバスが丁度良いです。)*バス代は参加費に含まれておりません。
解散:16:00 現地解散
対象:大人(高校生以上)
定員:6名
参加費:3000円(保険、野草茶&森のおかし含む)
持ち物:雨具(傘ではなくカッパ)、大き目のバンダナまたはハンカチ(目隠しになる大きさ)、軽食(お腹いっぱいにならない程度に)、空の水筒(山の水をくみましょう)、タオル、帽子、他 必要と思われるもの。
服装:かなり汚れても良い服。履き慣れた靴。途中靴を脱いでみる事もあるかもしれないので、登山靴でないほうが良いです(コースは平坦です)。

【注意事項】
*雨だからこそ感じられるもの、深まるものもあるため、軽い雨でしたら雨天決行ですが、危険が予測されるほどの悪天候の場合は中止とさせて頂きます。
前日19時の天気予報を確認後、連絡をとらせて頂きます。

【お申し込み&お問い合わせ】
↓この文字をクリックしてHPページをご確認下さい。
お申し込み前に必ず一読下さい。

【お問い合わせ&お申し込み】
coobluemoon@gmail.com
折り返しご連絡させて頂きます。

それでは、森で。


関連記事
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
Current Moon
CURRENT MOON
プロフィール

Coo

Author:Coo
森のある暮らしを綴ったフォトエッセイ。 裏高尾、筑波山を経て、現在 京都・比叡山にて。 夫の樹さん、黒猫のヤブさんと私Cooこと久弥子、ふたりと1匹、森暮らし。 森の事、野草や薬草のこと、森料理、日々のあれこれ、など。 森の風があなたのもとにも届きます様に。

最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
mail
ご質問・お問い合わせ等はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
Cooと繋がるアーティストさんたち
RSSリンクの表示