フキノトウの一件、終止符ならず。

03 06, 2015
IMGP9839.jpg

弥生 満月

フキノトウを我が家の庭の片隅で見つけました。

こちらに越してきて、あの野草は見つかるかな、、、あの木の実や花はどうだろう、、、

そんな日々を過ごしています。

フキノトウを見つけた時には、嬉しさのあまり跳ね回り、意味の分からない「フキノトウの唄」を即興で唄いながら踊ったほどです。

なのだけれど、、、

IMGP9844.jpg

見つけたのは良いのだけれど、

株が少なくて、悩む悩む。

そんな日々を過ごしていました。


ふたり暮らしだから、2つだけいただこうか、、、

それとも、来年増えてくれる事を祈って摘まずに喉仏ゴックン鳴らせて我慢しようか、、、

悩みに悩んでいるうちに、花が開いてきてしまったのでした。

IMGP9849.jpg

IMGP9847.jpg

IMGP9846.jpg

悩み悩む悩む。

定番だけれど、数が少ないからには、天ぷらにしてパクっ!と春を口いっぱいに感じるか、、、
蕗味噌にしてチビチビと少しでも長く春を堪能するか、、、

悩みに悩んで、樹さんに尋ねてみる事に。

「天ぷらと蕗味噌、どっちが良いと想う?」

即答で「天ぷら」

あぁ・・・

やっぱりね。


そして今朝、「今夜のお夕飯何か食べたいものある?」

即答で「今日はFridayだから、フライ」

あぁ・・・

ごもっともです。

というわけで、満月の下、フキノトウ摘み。

昼間摘んでも良いのだけれど、何となく。
今日は乾燥しているし大丈夫でしょう。

満月の野草摘み。

実は、私がお世話になったハーバリストさんも特定の薬草や野草に関しては月夜に摘むと言っていたっけ。

良い悪いなんて多分なくて、自分の感覚や哲学のもとに在って良いものなのではないかと想うのです。

IMGP9843.jpg

そんなこんなでとっても悩みに悩んだフキノトウの一件は、これから粉をつけて油に投入されて、そして口に運ばれて終止符を打ちます。

けれど、私の中に春が広がると、なんだか私の中のどこかで、毎日見つめ続けていたこのフキノトウが息づいてくれるかのように想えて、なんだかちょっと勝手な解釈だけれど、勝手に嬉しくなっちゃうのでした。

というわけで、終止符にならず、その一件は私の中で続くのでした。

IMGP9842_201503062052496fa.jpg

なんて想っていたら、、、

新しい芽、発見。

春はまだまだこれからです。


みなさまもステキな春をお迎え下さい。


関連記事
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
Current Moon
CURRENT MOON
プロフィール

Coo

Author:Coo
森のある暮らしを綴ったフォトエッセイ。 裏高尾、筑波山を経て、現在 京都・比叡山にて。 夫の樹さん、黒猫のヤブさんと私Cooこと久弥子、ふたりと1匹、森暮らし。 森の事、野草や薬草のこと、森料理、日々のあれこれ、など。 森の風があなたのもとにも届きます様に。

最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
mail
ご質問・お問い合わせ等はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
Cooと繋がるアーティストさんたち
RSSリンクの表示