山桜と、洗濯物と。

04 06, 2015


卯月 月齢16

霧が空にかえり、晴天。

青空をキャンバスに山桜がほころぶ。

真白な雲が流れ来て重なると、花の白さが僅かに色味あることを教えてくれる。



朝、犬の手綱を片手に引き、トラ猫を肩に乗せて散歩する、いつものおばあちゃんと立ち話。

「ここの桜は綺麗ですねぇ。」と私。

「明後日から冬に逆戻りの冷え込みだってよ。花が咲くと毎年ねぇ。」とおばあちゃん。


こんなにポカポカなのに、、とちょっと空を疑う。

「洗濯物干すなら、今のうちね」と相槌を打って、「それじゃ」とわかれた。

というわけで。


ハンモックに揺られて寝ている間に乾きそうなほどの晴天ねぇ、と誘惑に負けそうになるのだけれど、、

ついでに野菜の苗を植えたりと、朝から休む暇もない。



腰をトントンしながら、一息つきに、お昼は森の奥で。


いつも通っている森の奥の奥には、山桜が何本もある。

山桜の窓が幾つもあって、森のフレームも素敵。



樹々は光を求めて競い合っているようにも見えて、
樹々同士で空スペースを譲り合っているように見える。

今日の風は優しくて、枝が揺れても、触れ合うか合わないかの狭間で踊る。


そよぐ風で葉音が奏で、日に日に葉が増えていることを知らせてくれる。

木洩れ日の中、玉響に心休めた昼時。



そうこうしている間に、洗濯物はすっかり乾いた。

おてんとさま、ありがとう。

関連記事
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
Current Moon
CURRENT MOON
プロフィール

Coo

Author:Coo
森のある暮らしを綴ったフォトエッセイ。 裏高尾、筑波山を経て、現在 京都・比叡山にて。 森の事、野草や薬草のこと、森料理、日々のあれこれなど。 森の風があなたのもとにも届きます様に。

最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
mail
ご質問・お問い合わせ等はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
Cooと繋がるアーティストさんたち
RSSリンクの表示