テントウムシのトラッキング。

04 07, 2015


卯月 月齢17

「虫のトラッキング出来たら、相当なものだよね」

森仲間たちと以前そんな話をしていた。

どうしてもトラッキングというと、動物の痕跡ばかりイメージしてしまう。


我が家はテントウムシハウス。
あまり使われることのなかった空き家なので、私たちの方が後入りだから仕方ない、、という話は以前綴った。


ある日の朝、窓にへばりついているテントウムシに、はーーっと息をかけた。

寒かろうに、と思ったわけでもない。
ただの衝動。

テントウムシにしてみたら「あぁーん、ちょっとやめて~」なことだろう。

私は何もなかったかのように窓から離れると、樹さんがちょいちょいと呼ぶ。
テントウムシのトラックを指差して眺めている。

あら、ホント、面白いわねぇ。

テントウムシのトラッキング。

曇りが飛んでも、再び息をはーーっとすると、ある程度のトラックは再現される。


テントウムシさんは、足の痕跡はチョコマカつくだけで、お尻がつくことろがメインラインになるねぇ、、、

テッキリ、腕立て伏せ状態でずっといるのかと思い込んでいた。

ノンビリフラフラに加えて、足右足と左足、器用なのか、不器用なのかビミョーなバランスで歩くから、身体が揺れて更に揺らぐわねぇ、、そういえばそうか、、と新たな発見。


イタズラしてごめんね。
でも、学ばせてくれてありがとう。



春が足踏み。
寒さが戻る。

灯油残りわずか。
もう春だから、と思って買い足し忘れていた。

写真は良い。満タン気分を思い出させてくれる。

明日は更に冷え込むそうで。


『明日の事を思って今が寒いより、今を暖めましょうよ。」

黒猫のヤブさんの目がそう言うので、マッチをシュッと灯す。

マッチ売りの少女の気持ちがほんのちょびっとわかる気がする。

ストーブの炎が眼にも暖かい。

今日は隠れているテントウムシたちも、ストーブの温もりでヒョッコリ出てくるかしら。


暖かくお過ごしですか?
身体も心も暖かくお過ごしください。

関連記事
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
Current Moon
CURRENT MOON
プロフィール

Coo

Author:Coo
森のある暮らしを綴ったフォトエッセイ。 裏高尾、筑波山を経て、現在 京都・比叡山にて。 夫の樹さん、黒猫のヤブさんと私Cooこと久弥子、ふたりと1匹、森暮らし。 森の事、野草や薬草のこと、森料理、日々のあれこれ、など。 森の風があなたのもとにも届きます様に。

最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
mail
ご質問・お問い合わせ等はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
Cooと繋がるアーティストさんたち
RSSリンクの表示