夜の初まりの散歩。

06 27, 2016
575A2417.jpg

水無月 月齢21

それは先日の、樹さんの誕生日のこと。

病院からの帰り道。
私はイソイソと車で山道を登り、緑のトンネルを抜けてゆく。

雨上がり。
肌に残る空気の重み。
独特のあの感じ。

「今夜はきっと、、、あ、そうだ。ん。そうしよう。」


樹さんが帰宅すると、
私は、「蛍ツアーにご案内します。今日は私が運転します。」と誘い再び里へ。




畦道に腰を下ろし、
一本の雲がかかり、まるで輪っかを身に纏った土星のような丸く大きな太陽が、
西の空の終わるところへと消えてゆくのを見送った。

そして私たちは、夜の訪れをあの場所で待つ事にした。


蛍舞う、あの場所へ。

小道を歩く。
風がフワリと気持ち良い。

575A2427.jpg

それは、朧月の夜だった。

翳っては光りが和らぐ。
姿を現しては空を照らす。

私は朧月が好きだ。
瞬間で、空も月も表情を変えるから目が離せない。
見とれ吸い込まれゆく。


夕日に焼けた空の火傷が、
闇の涼やかさに癒えゆく頃、

「あ、いた。」

蛍が一匹、また一匹と光りを放ちだす。

その舞いの残像を残すかの如く線を描く光りを、ゆっくりと目で追うのだった。



この辺りでは、蛍たちが舞い乱れるというほどの数はみられない。
この地に引っ越してきた時は、それがちょっと残念だった。

けれど今では、
広い広い空の下、深い深い里の奥行きある景色の中、
森を背景に広がる田んぼと、蛙や虫たちの歌が添えられている光景が、
何だかちょっと特別に感じる。

そして、蛍たちのササヤカさに、より一層の風情を感じられる気がしている。



ところで、

「樹さんは、ちょっと変わっている。」という話を前回した。

実は、
ポケットの中には葉っぱだの石だの虫だのが入っているだけではない。
伐採にあった大地に一面の花が咲き乱れるように、夜な夜な種を蒔いていたりすることだけでもない。

蛍に関しては、彼のちょっと変わった不思議さを本領発揮してくれるのだ。


彼と一緒に散歩したことのある人は想像がつくだろう。
その歩き方にコツがあるのだろうか。
ちょっと独特なヘンテコな歩き方をする。


それが功を奏しているのか何なのか、何の苦もなく蛍に近づけるっぽいのだ。

そして、フワッと手を伸ばす。

蛍はその手の中に自然におさまる。
そして動じず、変わらずユッタリと光りを放つのだ。

樹さんは、「ほら」といわんばかりに掌を広げる。

蛍は飛び立とうともしない。

今回だけでない。
何故だかはわからない。

ただ、それが極自然になされているから不思議なのだ。


575A2442.jpg

蛍を手に、歩いている。

何事もない、というように。

ここに来る小道を歩いていたのと変わらない歩調で。


樹さんは、「月が綺麗ねぇ」などとホロリホロリほどの言葉にはすれど、
手にしている蛍のことに対して何も触れない。

「こそばい」と思い出したかの様に言うことはあっても。


朧月の光りと、蛍の光りとに、
ほのかに照らされて、
歩いている。

何だかとってもシュールな光景。

575A2447.jpg

そして、もう一匹。

私たちは、他愛ない話をしながら一緒に散歩を続ける。

散歩の途中、すれ違った人たちも数人いた。
私たちと同じく、蛍を探して歩いている。

彼らは気づいていない。
行く手を探さなくても、実は一緒に散歩していることに。

そんな、
夜のはじまりの散歩。



源氏蛍と平家蛍の両方が舞う頃。
それが、樹さんの誕生日。



あなたが生まれた日に。


あなたの誕生日を、今年は漸く覚えられた私だけれど。
お祝いらしい事もできないけれど。
私の方がギフトをもらってしまった気がしてならないけれど。


お誕生日おめでとう。


575A2445.jpg
関連記事
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
Current Moon
CURRENT MOON
プロフィール

Coo

Author:Coo
森のある暮らしを綴ったフォトエッセイ。 裏高尾、筑波山を経て、現在 京都・比叡山にて。 森の事、野草や薬草のこと、森料理、日々のあれこれなど。 森の風があなたのもとにも届きます様に。

最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
mail
ご質問・お問い合わせ等はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
Cooと繋がるアーティストさんたち
RSSリンクの表示