宙から降るものと、交わされる言葉たちと。

08 19, 2016
575A3317.jpg

葉月 月齢16


大地と背中合わせになる。

視界の端から端までが星空で埋め尽くされる。


ぼんやりと天の川。


瞬き。

またたき
まばたき

星と瞳とが、同光を放ち交信する夜。



ペルセウス座流星群。




ふと思い出される、もう10年ほど前に交わされた、ある男の子たちの会話。

あの時も私たちは夜空を見上げていた。

そして、大きな流れ星が夜空を割く様に走り去ってゆくのを目撃した感動を分かち合っていた。


だけれども、ひとりだけ見逃した男の子がいた。

「月に見とれていて見逃しちゃったよ、、、」か細い声で男の子は言った。

「月に見とれることが出来たなんて、それはそれで素敵なことじゃないか」力強い声で、別の男の子がすかさず言い放った。


その後、いつ流れるかわからない流れ星だけに神経を集中するよりも、
目の前に当たり前の様に宙の一部として浮かんでいる月に視線が奪われたのは、
きっと私だけではなかっただろう。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「あっ!今流れた!」

流れ星に出会うあの瞬間の、あの感覚って、一体なんだろう。

つい声を放ってしまう。あれって、一体なんなのだろう。




流れ星を見逃すと、私はいつもあのふたりの小さな友だちが交わした言葉を思い出す。

「他の星々に見とれていたんだ」

(それはそれで素敵なことじゃないか。)


そんな風に心の中でニヤリとする。




「同じ流れ星を同時に見れたら、行きましょか」


私たちはそう決めると、再び夜空に身を委ねた。




その言葉の本意はきっと、
流れ星への執着ではなく、


「もう少し、ここでこうしていましょうよ」


とういう隠語であって、

ちょっと欲張りな、憧れにも似た宇宙への陶酔なのだろう。




そんな久々の実家への帰省から始まった旅は、あまりにも夏らしく、

お線香の香りがどこかで未だに香って離れず、

熱中症の名残りも残しながら、

入道雲と波のない静かな海との残像を、時々私の日常の中に重ねて現れる。





そうして、この森にも、
秋の空気が流れはじめました。



と、


書き終えようとした今、
ふっと窓から涼やかな風が私の窓から逃げ込み、髪を梳かしていった。


狐の嫁入り。
晴れ間のスコール。

雨上がりの光りの束。

宙から、いろんなものが降ってくる不思議。



もうすぐ夕焼けがやってくる。













関連記事
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
Current Moon
CURRENT MOON
プロフィール

Coo

Author:Coo
森のある暮らしを綴ったフォトエッセイ。 裏高尾、筑波山を経て、現在 京都・比叡山にて。 夫の樹さん、黒猫のヤブさんと私Cooこと久弥子、ふたりと1匹、森暮らし。 森の事、野草や薬草のこと、森料理、日々のあれこれ、など。 森の風があなたのもとにも届きます様に。

最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
mail
ご質問・お問い合わせ等はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
Cooと繋がるアーティストさんたち
RSSリンクの表示