そして雨はやみ

09 13, 2016
 575A3703.jpg  

長月 月齢11

目覚めると宙から雨が降り注いでいた。

私は布団にくるまったまま窓越しに雨を眺めていた。

夕べ、「殯の森」という映画をみた。

そのまま誰とも言葉を交わすことなく眠りについたからだろうか。
雨に揺れる木の葉たちを見つめたまま、私は自分の鼓動を確かめていた。





台所に立ち、カボチャを手にし、何を作るか決めてもいないのに包丁を入れはじめた。

ざくっ、コトン、ざくっ、コトン、ざくっ、、、

ふと窓の外に目をやる。


朧げに宙に浮かぶものに私の何かが奪われた。


コトンたちを手探りで集める動作こそも、朧となってゆく。


そんな朝。


575A3707.jpg



雫の輝きと、あと2回寝たら中秋の名月"harvest moon"

ということを書こうとしたちょうど今、「お月見泥棒」のお誘いが届いた。


ちっちゃな子たちが、葉っぱやススキで変装して、お団子をもらいに家をまわるという。

里山が暮れてゆく美しい景色の中を、子どもたちがテクテクゆく姿。


目に浮かぶよ。
可愛らしくて、キラキラしている。

だから私は今、ニヤニヤしている。


蜘蛛の巣をレースにさせる魔法も、
子どもたちを小さな お化けに変身させる魔法も、

きっと同じだ。



そう思った夕。


森がジンワリと暮れていった。


harvest moonといえば想い出す、
あの優しく澄んだ丸い声の人は今、どこでどうしているのかしら、とシンミリと思った。



そして、窓の外では雨がやみ、四つ足の動物たちが鳴いている。


関連記事
0 CommentsPosted in
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
Current Moon
CURRENT MOON
プロフィール

Coo

Author:Coo
森のある暮らしを綴ったフォトエッセイ。 裏高尾、筑波山を経て、現在 京都・比叡山にて。 森の事、野草や薬草のこと、森料理、日々のあれこれなど。 森の風があなたのもとにも届きます様に。

最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
mail
ご質問・お問い合わせ等はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
Cooと繋がるアーティストさんたち
RSSリンクの表示