春の味覚祭りとご報告と。

04 21, 2017
575A6447.jpg

卯月 月齢24

柔らかなものに囲まれる春。

気づけば初夏の陽気になっていた。「春眠暁を覚えず」といういう台詞を春風のようにアクビと共に棚引かせたい。今春の私はどうかしている。

毎年、この時期は浮かれまくっていたではないか。恐らく、鼻歌混じりに歩く小道も、スキップの「トンッタタン」の「トン」と「タタン」の間の「ッ」ほど常に浮いているのが春というもの。 けれど今年の私はというと、「タタン」の「タ」と「タ」の間の文字的には表現されない程度(実寸ではほんの0コンマ数ミリ)ほどしか浮いていない(浮かれてもいられない)でいるイメージ。

けれど、どんな状況に晒されていようとも、時間に追われていようとも、例え0コンマ数ミリであっても、春というものはフワっとした何かを含んでいる事に有り難さを感じている。

その慌ただしさの最中の今日、裏庭で春を摘んだ。ニワトコの花、ツクシ、山椒の葉、タラの芽。つまり、私の好物たちだ。そして毎年恒例のあれこれを作るのだ。

575A6450_20170421215539557.jpg

ニワトコの花は、シロップに。
葉も枝も独特な香りのニワトコだけれども、花は独特でも甘くどこか爽やかに深い香りで包み込んでくる。このシロップは数ある花のシロップの中でも私が最も愛するもので、欠かす事ができない。この家に移り住んで最も嬉しかったことのひとつが、ニワトコの樹があったことだった。それほどまでに私にとってニワトコは大切な植物である。

575A6462.jpg

筍ごはんに山椒の葉を。
山椒の葉をパンっ!と掌でたたく。香りたつ。山椒の葉がなくとも筍ごはんは確かに美味しい。けれど、山椒の香りが加わると無敵だ。飛び込んで頭の方へ抜けてゆく。「奥行きがでるね」と夫は言う。確かにその通りだと関心させられる。

575A6465.jpg

タラノメは天ぷらに。
何の捻りも必要ない。天ぷらが一番。以前沢山タラノメを頂いた時にグラタンの様にしたことがあった。それはそれで好評だったけれど、天ぷらなしには語れない。

575A6466.jpg

そういえば、塩豚が仕込んである。そしてセリがある。この組み合わせは間違いない。

575A6469.jpg

せめて。そう、せめて、ね。
こんな時だからこそ、大切にしたいものがある。それが「旬」だ。


お腹いっぱいになった頃、夫の樹さんが言う。「そういえば、、、ツクシ摘んでなかった?」
ツクシは、、、去年もレシピを紹介した肉汁炒めに、、、明日する予定で今日のところは春の味覚祭はお開き。



お腹いっぱいになると毎年「また来年」と「ごちそうさまでした」とに手を合わせる。
だけれど今年は、、「来年も味わえるだろうか」と「ごちそうさまでした」とに手を合わせた。


そう、私たち夫婦は、この森を離れる事になったのだ。


新天地でまた大好きな野草や薬草たちを一から探す事になる。それは楽しみでもあり、不安でもある。ここまで自分の中で大きく欠かせない存在になっている野草薬草たちがいることに気づかされる。

今日これらの野草たちを摘みながら、切なくなった。とても切なく、けれど暖かく。ジンワリジワジワ、泣きそうになった。


「失う事は手に入れる事」


ミュージシャンでもある夫の曲にある言葉がよぎる。そういえば、裏高尾から筑波山に引っ越した時もそうだった。そして今があることを想う。


うん、大丈夫。きっと私はまたあの薬草やこの野草を、ここあそこと見つけては喜び浮かれて過ごしてゆくのだろう。これからも私は、そうして生きてゆくのだろう。



歳を重ねるとは、ないものを嘆くという行為が徐々に減ってゆくことなのかもしれない。目の前にあるものを喜び、有り難く想いゆく。そうして角が少しずつとれてゆくのかもしれない。少なくとも、私はそうなりたいと願っている。


cotoriの森で過ごせる時間も残り僅か。大切に過ごしたいと想う。心に焼き付ける様に。



【追伸】

空と大地の教室「つきのわぐま」に続き、「森のある暮らしcotori」としてブログを続けて参りました。引っ越しにあたり、この1年本当に色々とありましたが、場所や形は変わっても森のある暮らしは続けられることになりました。とても思い切ったことではありますが、これが私たち夫婦らしい決断であったと信じます。

ご報告が遅くなってしまった皆さん、申し訳ございません。突然のことで驚かれたかもしれませんが、新天地の家が決まったのもつい2週間前のことでした。急にバタバタしいるため、メール等のお返事も滞っていてごめんなさい。
詳しくはまた改めて綴らせて下さい。とりあえずご報告までに。



蛙の歌が心地よく響く夜。心はこの森と向こうの森が繋がりはじめています。
それでは、穏やかな夜を。

関連記事
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
Current Moon
CURRENT MOON
プロフィール

Coo

Author:Coo
森のある暮らしを綴ったフォトエッセイ。 裏高尾、筑波山を経て、現在 京都・比叡山にて。 森の事、野草や薬草のこと、森料理、日々のあれこれなど。 森の風があなたのもとにも届きます様に。

最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
mail
ご質問・お問い合わせ等はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
Cooと繋がるアーティストさんたち
RSSリンクの表示