シャガ野原から白鳥たちが飛び立つと。

05 24, 2017
 575A6826_201705241647067e8.jpg

皐月 月齢27


「山だと雑草よね。そこら中に咲いていて。有り難みもないわ。」



ここに引っ越して一ヶ月が経とうとしている。引っ越して来た日、家の前の沢沿いにシャガが辺り一面咲いていた。
数日前、シャガ野原になっていたその場所で、通りすがったふたりの会話が聞こえた。思わず振り向いた。私は何か言おうとしたのだが言葉にならず、遠のいてゆく人たちの気配まで消えても尚、シャガを見つめていた。

シャガは別名胡蝶花というが、私には白い鳥に見える。すっと入った僅かな色味が凛としていて、着物を着た女性に化けた白い鳥のようにも思える。


シャガは強い。
春の花は可憐で儚いものも多い中、シャガは長くその白い鳥の様な花を楽しめる。


先日素敵なご年配のご夫婦に出会った。おふたりが長い年月をかけて育てて来られたお庭にお邪魔させてもらった。小さなログハウスに、手入れの行き届いた見事な庭。立派な桜の樹の足元にシャガが咲きほころんでいるのに眼がいった。

桜の足元で土を保湿してくれるという。シャガの葉は常緑で厚い。なるほど、と唸った。 ターシャチューダーにどこか似ている奥様は、愛おしそうにシャガについて語ってくれた。

(実際、ターシャからいただいた種を育て、今もその花は庭に毎年咲くのだそうだ。)

シャガの白い花は、木陰に光りを集めるかの様に輝かしく咲く。私はそんなシャガが好きだ。



立ち止まったままシャガを見つめていた私は、あのご夫婦の笑顔に見た光りを、シャガの輝きに重ねていた。


575A6833_201705241728271c9.jpg 


シャガ野原から白鳥たちが飛び立ち、あれほど明るかった木陰には、深翠の漣だけが揺れている。
見上げると桜の葉も、随分と色濃くなっていた。


これからも、そっと共に在らんことを。


私はそう願いながら歩き出し、小道に咲く小さな花々の名を、ひとつひとつ呼びながら家路についた。

優しい雨が降った日に。次の季節がもうそこまで来ている事を知る。







関連記事
0 CommentsPosted in
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
Current Moon
CURRENT MOON
プロフィール

Coo

Author:Coo
森のある暮らしを綴ったフォトエッセイ。 裏高尾、筑波山を経て、現在 京都・比叡山にて。 森の事、野草や薬草のこと、森料理、日々のあれこれなど。 森の風があなたのもとにも届きます様に。

最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
mail
ご質問・お問い合わせ等はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
Cooと繋がるアーティストさんたち
RSSリンクの表示