オニグルミとの日々。

06 20, 2017
IMG_5916_20170620183133af6.jpg

水無月 月齢25

大原を源流とする高野川の水は、京都市内出町柳で鴨川と合流する。その水は比叡山脇を通過し流れ、私たちの森暮らしの中でも大切な役割を果たしている。

私たちがこの地に越して来たのは春。陽射しが強くなりはじめの頃から、私はこの川沿いの道を歩くことを、日常の楽しみのひとつとしている。

オニグルミの樹々を見つけた時は嬉しくて小躍りした。そしてホッとした。クルミで作るあれやこれが頭に浮かぶ。クルミの季節が待ち遠しくて、クルミの花が咲く頃からずっと、私はクルミを観察し続けている。

575A7548.jpg

雄花序がぶら下がる頃になり、ふと気づく。4本のオニグルミの樹の中に雄花序があるものとないものがいる。

はてさて、、、

クルミは雌雄同株で、結実するのに雄花と雌花が必要だと思っていた。思い込んでいた。これは成長を見比べてゆく楽しみができたと、私は足しげく通っている。

575A7542.jpg


クルミの雌花序の先にあるベルベットな赤が好きだ。

IMG_5866.jpg

ひとつひとつみると地球外生物のようで。私にはわからない言葉を交わしているようで。

IMG_5864.jpg

IMG_5843.jpg

なんだか、とても好きなのだ。

IMG_5824.jpg

そして、1ヶ月もすると、プックラと膨らんでくる。その頃になると、可愛い赤は退色し、代わりに桃色の産毛が実全体を覆う様になる。その柔らかな産毛が陽射しに照らされる姿が何とも幼さに色っぽさが足され、実に愛らしい。

この時点で、雄花序があった株となかった株の成長は顕著になっていった。雄花序がなかった株の実は成長はしているけれど、どれも小さい。それでも少しずつ大きくなっていった。

そして、クルミといったらノッチーノ(クルミの種子が形成される前に摘んで作られるスパイスの効いたクルミ酒)作りを意識し始める梅雨入りの頃。その成長の差は更に大きくなってきたのだった。

IMG_7505.jpg

IMG_7506.jpg


↑雄花序がついた樹の果実
↓雄花序がつかなかった樹の果実


IMG_7513.jpg

IMG_7514.jpg

雄花序のつかなかった樹の果実は、梅雨入り前くらいから落果しはじめていた。ちょうど梅がなる頃で、道ばたに転がる青いクルミの果実を「梅?」と夫は言った。

IMG_7516.jpg

踏まれて割れたのだろうか。その裂け目からタンニンが酸化して黒いインクのような色になっていた。これだもの、クルミのインクは簡単に作れるわけだ。久しぶりに作ろうかなと、私は脳裏に美しい艶黒のインクで白い便箋に言葉を描きはじめていた。

IMG_7542.jpg

ふたつ並ぶと成長の違いを改めて感じる。大きいから良いとか、成長が遅いから良くないとか、そんな観念は私の中にはない。
それは、生まれてからここまでの双方の歩みを見守って来たからだろう。

小さくも成長した実たちはインクや草木染めや薬作りに頂こう。大きい果実たちは少しだけ頂き、リスやイノシシたちに残そう。
それぞれを大切に頂こうと思う。


さて、ノッチーノ作りは6月24日と決まっている。セントジョバンニの祝日の深夜に果実を摘むのが習わしだ。今年の6月24日はちょうど新月に当たる。ちょっと特別なお酒になりそうだ。

月もいない夜に、青く真ん丸なオニグルミを摘む。あの独特な香りと、手に吸い付く感覚がより一層五感を刺激してきそうで、想像しただけで心が微笑む。

とその前に、摘みすぎない様に、必要分に適したサイズの瓶を取り出し、お酒を手に入れるとしましょうか。

蛍もまだ少し飛ぶことだろう。春から待ちわびたその時がやってくることを、私は今、心から楽しみに指折り数え日々を過ごしている。



関連記事
0 CommentsPosted in
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
Current Moon
CURRENT MOON
プロフィール

Coo

Author:Coo
森のある暮らしを綴ったフォトエッセイ。 裏高尾、筑波山を経て、現在 京都・比叡山にて。 森の事、野草や薬草のこと、森料理、日々のあれこれなど。 森の風があなたのもとにも届きます様に。

最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
mail
ご質問・お問い合わせ等はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
Cooと繋がるアーティストさんたち
RSSリンクの表示