祇園さんと七夕の笹と、餅は餅屋のお話と。

07 11, 2017
575A8643_201707111449003eb.jpg

文月 月齢17

今にも降り出しそうな空を仰ぎ、私は寺町通商店街のアーケードへ足早に入った。祇園祭が初まり、京都市内はコンチキチンとお囃子が流れている。斯く言う私も長刀鉾の稚児舞いを一目見ようと、街での用事を済ませ四条烏丸に向かっていたのだった。

行き交う人々が手に何やら緑色して揺れるものを持っている。


笹だ。「あぁ、七夕は明後日か」と気づくのに少し時間がかかった。というのも、歳上の男性ばかりが笹を手にしていたせいかもしれない。そのシチュエーションは、笹=七夕、つまり色鮮やかな短冊をイメージしにくかった。


「七夕さんにどうぞ」

商店街で配られていた笹を有り難く頂いた。嬉しくなって歩くスピードが緩んだ。稚児舞いを撮影するには少々邪魔になるかしらとふと思ったけれど、笹の香りが爽やかで、そんなことはどうでも良くなった。


稚児舞いが始まると同時に雨が降り出した。雨の中、お稚児さんが舞う姿を観客の後ろの方で見守るお稚児さん役の男の子のお母さんの姿があった。今にも涙がこぼれそうな表情で真っすぐに舞いを見つめていた。その美しい姿にはとても心惹かれるものがあった。

こうして毎年受け継がれて来た歴史ある祭り事に、こんな日常の片隅で触れられるとは。京都の暮らしは面白い。そして贅沢だ。



帰り際、出町柳駅から川端通を背に徒歩1分ほど奥にある玉子屋さんに立ち寄った。おじいちゃんとおばあちゃんふたりで営んでいるこの店の玉子は、本当に美味しい。黄身の色が濃いものと、私の好きなレモン色の玉子と置いている。5個で80円。個人商店なのにこの安さ。心配になる。だから私は多めに買う。とは言っても二人暮らしだから10個。160円。終わったらまたすぐに来ようと心に誓う。

おじいちゃんとおばあちゃんがこの店をはじめたのは、昭和25年。「こんな小っさな店やけど、もう68年。あんた生まれてないどころの話ちゃうやろ。」と笑う。

他愛ない話を交わしていると、私が笹を手にしているのに気づく。「そーんな繊細な笹、見た事ないわ。どこで取ってきよったん?」と聞かれる。「いやいや、配ってたんですよ、寺町で」と答えると、ふたりは笹をサワサワ「ディケアのとこで短冊書いたけど、もっと大っきくてな、、なんちゅーか、、」「繊細じゃない?」と私が言うと、ふたりして口々に「そうそう」と大きく頷く。

「なんて種類の笹やろか」と聞かれて「はてー、なんでしょねぇ」と一緒に考え込む。笹か、、全然知らないなぁ。宿題もらった気持ちで嬉しくなった。「また来るね」と言うと、「ほんまに?おおきに。ほな、それまで生きてななぁ」と笑う。


私が京都に越して来て一番変わったのは、意外にも、森以外に街にも好んで出かける様になったことである。そして特に買い物の仕方に変化が現れている。

週1回ほどはスーパーにも行くけれど、野菜買うならあの市場のあの農家さん。果物買うならあの八百屋、漬け物買うならあの漬け物屋、厚揚げはあの豆腐屋、大福はあの和菓子屋。便箋はあの和紙屋かあの本屋、封筒はあの封筒屋。古本みるならあの本屋、タワシはあのタワシ屋で、、、と「餅は餅屋」になりつつある。それは頑張ってそうしているのではなく、自然とそうなった。何故なら安いから、そして確実に良い事がわかっているから。迷わなくて良いとはこんなにも楽か、と思う。交通費が数百円かかっても、京都の街は意外と小さいから、徒歩範囲で大概揃う。


「自給自足」やその延長線上の「丁寧な暮らし」も良いけれど、この「餅は餅屋」がずっと続いている京都の街の在り方も、真面目に丁寧な仕事をしている人からお金と引き換えに手に入れられることも、私は同じくらい尊いよね、と思う。

どちらにしても、その人にとって尊いと感じるものをひとつ、またひとつと増やしてゆける暮らしはちょっと贅沢だなと思う。
 
575A8655_20170711144900794.jpg


家に帰り、玉子を取り出すと、産毛がついていた。そんな些細なことが何だか妙に嬉しい。

笹は、黒猫のヤブさんがシャリシャリ食べては毛玉を吐くのにも大活躍してくれた。肝心な七夕の短冊に願い事を吊るすのをすっかり忘れてしまったけれど、、、部屋の空気を少し軽やかにしてくれた、そんな気がした。


「京都の夏らしい暑さってこれかしら」と、市内に住む友人とメッセージを交わした今日。

カラカラになった笹の枝が気になり、「・・・確か川沿いのあそこに笹や竹林があったな」と。川で涼みついでに、笹を大地に返してこよう。

図鑑でも持って。
関連記事
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
Current Moon
CURRENT MOON
プロフィール

Coo

Author:Coo
森のある暮らしを綴ったフォトエッセイ。 裏高尾、筑波山を経て、現在 京都・比叡山にて。 夫の樹さん、黒猫のヤブさんと私Cooこと久弥子、ふたりと1匹、森暮らし。 森の事、野草や薬草のこと、森料理、日々のあれこれ、など。 森の風があなたのもとにも届きます様に。

最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
mail
ご質問・お問い合わせ等はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
Cooと繋がるアーティストさんたち
RSSリンクの表示