ガーデナーたちのレシピ。

09 04, 2017
575A4421_201709042140207b4.jpg

長月 月齢13

「ミントが育ち過ぎてしまったまま、夏が終わってしまおうとしているから・・・」

サングリアを仕込む。


もうかれこれ15年以上前の話になるのだが、私がイギリスのガーデンで庭師として働いていた頃のこと。バラが咲く頃になるとガーデンパーティーが連日のように開かれていた。イギリスではサマータイムにあたり、日が沈むのが遅い。夜の10時くらいで日が暮れるので、平日でも夕方から呑気にパーティーが開かれていた。

敷地内にいくつものテーマ別の庭があり、それぞれの庭に専属の庭師がついていた。私が担当していたガーデンは一般に公開されておらず、外から覗く事すらできないものだった。そして、年間通してもわずか2ヶ月ほどしか庭師以外の人が入ってくることはない、所謂「秘密の庭」だった。それも、このガーデンパーティーのためにあるのではないかと思うほどの秘密っぷりだった。

担当のガーデンであっても、私にパーティが開かれる日が知らされているわけではなく、4時くらいになるとキャンティーンからシャンパンやグラス、軽食などが運び込まれて来るので「あぁ、今日もなのね」とわかる。

彼らは残業などという言葉は存在しないのではないかと思う働き方をしているため、5時の鐘がガーデンに響き渡ると、マスターたちや関係者たちが普段は鍵がかかって閉ざされている門から次々に入って来てガーデンパーティーが始まる。その時間になる頃には私も仕事上がりなので、ガーデナーたちの小屋に戻るためガーデンを後にする。


花が咲き誇るこの季節は芝も伸びるのもあってとても忙しく、たったひとりで広い広い庭の手入れをしていたため、夕方にはクタクタだった。小屋に戻るとお茶を飲み、その日の庭について軽くヘッドガーデナーに報告し、図鑑や本で調べごとをしながら先輩たちと他愛もない話をして、自転車をこいで家に帰る。そんな日々だった。


ガーデナーたちはガーデンパーティーをしないかというとそうではなかった。ただ、私たちには「じゃぁ何日にパーティーをしましょう」という言い合わせはない。その代わり、誰からともなく始まる。

「今日、あのキノコが採れたから炒めて飲まないかい?」
「セージを刈り込んだから、ソーセージ仕込みついでに飲まない?」
「ローズマリーの花が咲いちゃう前にと思って鴨を捕まえたから(本当は捕まえていない、ブラックジョークだ)、ローストして飲まない?」
「ナーサリーのミントの剪定をしたから、ガーデンサラダとサングリアにしない?」

そんな庭のタイミングと共に在るレシピというのが実にガーデナーらしく、そしてそれぞれの庭の成長を分かち合う喜びというのが、私は大好きだった。

そして、小屋から出てカラッとした天候の夕を過ごす。誰も来ない庭の片隅で、その庭で育ったハーブを頬張りお酒を交わす。他愛もない話に笑い転げ、心地の良い酔いに包み込まれる。クタクタだったはずの身体もすっかり英気を取り戻し一日を終えるのだった。今振り返ると、本当に良く働き、働いた身体を良く癒した日々だった。


サングリアにミントを添える。
それは、そんなガーデナーたちによるガーデンのための密やかなガーデンパーティーで覚えた味だ。忘れる事のできない味なのだ。



575A4423_20170904214024fa2.jpg

にしても、ミントが育ち過ぎてしまった。花をつけてしまったので、種を採る方向でも考えていた。
とその前に、レモンとビネガーのドレッシングを合えたトマトのサラダにもした。それから、ミントティ、ミントシロップも作って、、、と頭の中がミントレシピで満たされてくると、「・・・あれ?ミント、足りるかしら?」となるから不思議だ。


冷やしたサングリアを飲みながら、あの頃を思い出していた。夏が終わり、ガーデンパーティーも次第に開催されなくなってきた担当の庭の片隅に置かれたベンチに腰をかけ、River Camを眺めながら、ただボーーーッと今日を想い明日を描くだけで、遠い過去もずっと先の未来も考える必要がなかった頃の事を。そして時を越えて今、大変だった事でさえも全て自分の糧となり良い思い出に変換されている事を。


あの感覚を思い出すだけで、私はそんな風に生きていけるのだという根拠のない自信を覚えることが出来る。それは、あの庭で過ごした時間と、ガーデンの先輩たちからもらったギフトだと今も変わらず想っている。


Film モノクロ 2013 スキャン源_


追記:「ガーデナーによるガーデンのためのサングリア」レシピ

・果実(オレンジ、レモン、リンゴ、パイナップル、バナナ、何でも良い)
・安いワイン(テーブルワイン程度の安物が合う)
・フレッシュなミント

適当である。いかに適当にカットし、適当にワインを注ぎ、適当にミントを摘んで添える。
*大切なのは、ミントがフレッシュであるということ。
*ミントの葉は飲みながらちぎったり、かじる事で爽やかさが更に広がる上に、香りによって脳神経を通じ効能も向上する。
*「適当」とは「適度」である。
*パイナップルジュースを加えると更に飲みやすく、酵素により悪酔いしにくい。お好みで。



ミントの効能:
疲労回復、鎮痛、冷え性改善、安眠効果、食べ過ぎ飲み過ぎの胃腸の消化を助ける、精神的な緊張をほぐす、リラックス効果、などなど。





関連記事
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
Current Moon
CURRENT MOON
プロフィール

Coo

Author:Coo
森のある暮らしを綴ったフォトエッセイ。 裏高尾、筑波山を経て、現在 京都・比叡山にて。 森の事、野草や薬草のこと、森料理、日々のあれこれなど。 森の風があなたのもとにも届きます様に。

最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
mail
ご質問・お問い合わせ等はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
Cooと繋がるアーティストさんたち
RSSリンクの表示