FC2ブログ

葛の花の寒天寄せを花蜜で。

09 14, 2017
575A7488.jpg 


長月 月齢23

No.002  Pueraria montana var. lobata

葛 : 花蜜と寒天寄せ


575A7496.jpg  
575A7493.jpg 

閉じ込める。アクリル樹脂の植物標本のように。

575A7498.jpg 

575A7507.jpg 

溜め息ひとつ。

575A0064_20170913205308c3a.jpg

葛の花のシロップは、寒天の仕込みと同時進行で作っておく。

575A0071_20170913205316e79.jpg

彩度が落ち着き、新たな藤色を得る。ほどなくして色を失い、透明度を得る。寒天と共に良く冷やしておく。

575A7512.jpg
575A7526.jpg

575A7520.jpg 

葛の花は夕暮れ時に良く香る。仄かなそれを感じる柔らかな風をそのまま思い起こさせる味。


IMGP7587.jpg

葛が今年の花の季節に終わりを告げようとしている。嵐がやってくるというので慌てて花を摘みに出かけた。

葛きりを葛の花シロップでいただこうと考えていた。けれど、花を摘んでいたら気が変わった。残り少なくなった花があまりにも愛おしく美しかったから、寒天で閉じ込めることにしたのだった。

IMGP7133_20170914142825fa8.jpg 

Leguminosae つまり、豆科。

葛は漢方でも葛根として広く知られており、その花も秋の七草がゆえに知る人も多いだろう。森の教室でも葛で草木染めされた方もいらしたり、季節のお菓子としてお出しした葛の花のチュイールは、焼き菓子にしてもなお口一杯に広がる花の香が喜ばれた。蔓の先の天ぷらは春先の野草料理会でも人気だった。その他、蔓で籠を編んだり、根の澱粉から薬を採ったりと、皆さんと共に学び楽しんできた。

ふと、この豆の存在をお伝えする機会を逃していたことに気づく。花の直後になる豆の柔らかな黄金の産毛だったり、透き通るその身の可愛らしさがあることなくして葛を語れないのに。それを伝えたくてシャッターを押した。

雨が上がった昨日、豆の産毛が朝日に輝く姿に会いに行った。



IMGP7607.jpg 

IMGP7608_20170914142835cdc.jpg  
IMGP7602.jpg

この香りを身体いっぱい吸い込もう。最後ひとつの花が落ちる前に。
今日は秋晴れのカラリとやや暑い一日だった。よく冷えた葛の寒天寄せが嬉しい。

夕焼けを前に、鳶が高らかに声を上げ旋回し、蝉は夏の終わりを唄っている。




IMGP7606.jpg







 
関連記事
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
Current Moon
CURRENT MOON
プロフィール

Coo

Author:Coo
森のある暮らしを綴ったフォトエッセイ。 裏高尾、筑波山を経て、現在 京都・比叡山にて。 森の事、野草や薬草のこと、森料理、日々のあれこれなど。 森の風があなたのもとにも届きます様に。

最新記事
リンク
カテゴリ
mail
ご質問・お問い合わせ等はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSリンクの表示