FC2ブログ

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ささやかに十三夜。

11 01, 2017
575A0403.jpg 

霜月 月齢13

十三夜の今日、写真の整理をしていると、今年の十五夜つまり中秋の名月に、嵯峨嵐山大覚寺で催された観月会で撮影したものに目がとまった。

暫し眺めていると、あの夜の服の繊維の隙間に忍び込もうとする闇の冷たさと、夜の香り、そしてどこか浮世離れした情景が私の内に膜を張る様に再現されてゆく。その感覚をゆったりと沈め込みながら今日という日の午後を過ごしていた。

575A0406_20171005165208f3f.jpg 
575A0422_2017100516521116b.jpg
575A0423.jpg
 575A0428.jpg
575A0444_20171005165218269.jpg 
575A0448.jpg  

「明日は十三夜だよ。忘れずに。」
十三夜であることを教えてくれた友人の言葉がふとよぎる。

十五夜を愛でたら十三夜も愛でるのが習わしであり、片方だけを眺め祝うことを「片見月」といい、縁起が良ろしくないと言い伝えられている。月を眺める眺めないで縁起に繋がっては、月を眺める本来の気持ちが濁っていたたまれない気もしなくもないし、お月さんもどこか気の毒に思えてしまうけれど。

夕べ、夫と夜の散歩に出かけた時に見た、紅葉がはじまりかけている瑠璃光院門前の椛越しにみた月明かりに愁があり、実に美しかった。名もない夜の月を祝った宵に土佐のお酒を少々。じんわりと良い夜だった。

575A0535.jpg

十三夜には栗や豆を備えるそうで、「栗月」とか「豆月」とも呼ぶそうだ。
そういえば、森の中で拾った山栗ひとつ、食卓に飾り大事にしすぎている。そうだ、今夜頂くとしよう。
夫が随分と前に買ってきてくれた月のお茶も、嬉しくて大層大切にしすぎている。そうだ、今夜頂くとしよう。


'Waxing Moon'  


満ちる月と共に膨らむ何でもない幸せを拾い集め、多くを求めず、抗うことも争うこともなく、今日も静かに祈る様に暮らし、秋の深まりをささやかに祝いたい。

山間にある我が家からは、月の出が遅れる。時々窓の外を気にしながら夜を迎えている。

今宵も月見散歩に出かけるとしましょうか。



関連記事
0 CommentsPosted in
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
Current Moon
CURRENT MOON
プロフィール

Coo

Author:Coo
森のある暮らしを綴ったフォトエッセイ。 裏高尾、筑波山を経て、現在 京都・比叡山にて。 森の事、野草や薬草のこと、森料理、日々のあれこれなど。 森の風があなたのもとにも届きます様に。

最新記事
リンク
カテゴリ
mail
ご質問・お問い合わせ等はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。