"Strawberry Moon"

04 29, 2018
 575A1873.jpg

卯月 月齢13

「京都の春は短いし。うかうかしてると夏やな。」

誰と交わした会話だったか今となっては覚えていない。だが確かにそれは、圧倒的なる初夏の勢いが瞬きの間に春の余韻を残すことなく成り代わったかのように想える。

そんな中、夫が新しいアルバムをリリースした。それは計ってか計らずしてか、桜が満開の時節と重なった。



このブログにも時折登場してきた夫(樹さん)とは、ミュージシャン タカツキタツキのことでもある。「でもある」というのは、この人には色んな側面があり、肩書きも名字も複数使い分けていて、私も知らない顔をいくつかもっている人だからだ。


謎は謎であるからこそ美しいのであって、自分の伴侶だからといってそれを共有しようとするのは、つげ義春の「退屈な部屋」に出てくる妻のように滑稽な行為に想える。よって、私は敢えてそれを知ろうともしないので、謎が謎を呼んではいるが、それで良い。


話は戻って、この新アルバムは筑波山で暮らしていた間に制作され、麓にある石蔵で実験的なレコーディングれたものである。音源としてリリースするまでに随分と大切にあたため(というか、一旦放ったというのか)、ここ京都は比叡山の足元で漸く形になったようだ。



余談なのだが、我が家では夫が制作モードに入ると、マスタリング作業とやらのために同じ曲が延々とループされる日々が続く。曲自体は私が散歩に出掛けるほどの時間で作るのに、そこからが長い。夫は食事していても寝ながらにしても、常に音楽しているらしく、次第に寝ている時も作業途中の曲がかけられるようになる。その為私も必然的に散々聴くはめになるわけだが、はじめてアルバムとして形になった時、改めて夫から手渡される一枚は、やはり何か嬉しいものがある。




「ラッパーの、ラップしないアルバム」

実験というだけあって、ヒップホップのベースラインを下敷きにしているらしいが、ヒップホップというわけでもない。ジャズでもなければ、何なのか。

英語訳を手伝った際、インストアルバムという表現で良いか問いたところ、インストであってインストではない、という返答だった。 一見答えになっていないようだが、なるほど。と妙に納得した。リズムや音そのものではないのはわかる。


私は音楽について全くわからないけれど、私にとって云うところの、森にいずして森にいるような感覚か、と。


575A1853.jpg


Takatsuki Experiment "Strawberry Moon"

タカツキ自身がつくばの苺畑で目にした月に、十牛図の8図目「人牛倶忘」を想い見たというタイトル。「空の教え」である。 


タカツキはあれやこれを手放しても尚、未だ空への途上にあることを知るのだろう。



今宵、満月手前の僅かに欠けた月。
見えぬ部分にこそ、それは在らん。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Takatsuki Experiment
new album "Strawberry Moon"
feat. SWING-O(piano) & Yuko Takahashi(percussion)


お陰様で、沢山のCDが長閑な大原や西陣などの郵便局から旅立っていったようです。
京の初夏の空気も一緒に届きますように。

こちらからご購入頂けます↓

CD直販(nrecords)

itunes

bandcamp *2曲だけご視聴も可能です

店舗

渋谷 Flying Books
つくば People Bookstore 他

詳しい情報は↓にて
タカツキblog



関連記事
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
Current Moon
CURRENT MOON
プロフィール

Coo

Author:Coo
森のある暮らしを綴ったフォトエッセイ。 裏高尾、筑波山を経て、現在 京都・比叡山にて。 森の事、野草や薬草のこと、森料理、日々のあれこれなど。 森の風があなたのもとにも届きます様に。

最新記事
リンク
カテゴリ
mail
ご質問・お問い合わせ等はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSリンクの表示