ある夜と、雪と森と。

01 25, 2012
IMGP9161.jpg

睦月 月齢1日

新月の夜、私は渋谷におりました。 雨が激しく降っておりました。

「おかえり」という声に、「ただいま」とは言えない自分がおりました。

前の日から、呑み込もうにも呑み込めない肉の塊の様なものが、胸から喉元にかけて上下しては、息苦しさを助長しておりました。

気圧のせいでしょうか・・・


その帰り。電車。八王子から高尾へと向かうに従って、雪、雪、雪。牡丹雪。

子どもの頃にみた光景にとても似たものに、あの頃と同じ感覚。「明日、目覚めたら、きっと真白な世界が・・・」


先日の雪の香りが喉の奥から未だ消えぬ間に。 雪、再び。


IMGP3031.jpg

夜が明けると、その光景は、有無も言わせずに広がっていました。

IMGP2801.jpg

圧倒的に。

IMGP2853.jpg IMGP2850.jpg IMGP2952.jpg IMGP2954.jpg 


どこを捉えたら良いのかわからぬほどに。

曖昧さの中に、確かさを携えて。

IMGP3033.jpg


凛とした空の中で戯れる2匹の鳥。

心がスーッと撫でられたのを感じた、そんな午後でした。

あぁ、私は、またもやこうして、それでも生き、生き続けるということを森に励ましてもらったのかもしれません。

「何を悩んでいたんだっけ?」

またその繰り返しです。そうして、私の中にある「明日の神話」は続くのです。

森よ、ありがとう。
いつも、ありがとう。

「ただいま」
関連記事
0 CommentsPosted in
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
Current Moon
CURRENT MOON
プロフィール

Coo

Author:Coo
森のある暮らしを綴ったフォトエッセイ。 裏高尾、筑波山を経て、現在 京都・比叡山にて。 夫の樹さん、黒猫のヤブさんと私Cooこと久弥子、ふたりと1匹、森暮らし。 森の事、野草や薬草のこと、森料理、日々のあれこれ、など。 森の風があなたのもとにも届きます様に。

最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
mail
ご質問・お問い合わせ等はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
Cooと繋がるアーティストさんたち
RSSリンクの表示