はじめての森冒険、微笑む地球。

02 10, 2012
IMGP3147.jpg

如月 月齢17日

Nくんの物語です。
けれどこれは、冒険はじめての子みんなに共通するかもしれない物語です。

はじめての森冒険。

森に佇む姿に、まだギコチナサがありつつも、子どもというのは不思議と、そこに「居る」ということが、極々自然であるかのように、そこに立つのです。

それは、幼ければ幼いほどそうであるように、私は感じます。

子どもたちが限りなく静かな面持ちで、自らが立つ場所から空を仰ぐ時、「何をみているの?」なんて言葉がけほど邪魔なものはないように、私は感じます。

そして、動きとしては未だギコチナイなりに、何かと親切な他の冒険隊メンバーの動きに合わせて森をゆくのです。

IMGP3377.jpg IMGP3132.jpg IMGP3390.jpg IMGP3395.jpg

いっぱい転んで落ち葉だらけになって。
冒険隊の仲間たちとの距離がだんだん近づいて。
ほっぺたを落ち葉に撫でられて。
大地に寝そべる事にウットリしたりして。

そうしたひとつひとつが、その子の中に生みゆくもの。それは・・・

IMGP3322.jpg

この笑顔。

その子の中にも森が広がり出した証です。


そんな笑顔に触れると、私も思わず笑顔にならずにはいられません。カメラを構えることすら忘れている事も多々あるほどに。

この後、Nくんの笑顔は、こぼれにこぼれ、側にいた枝たちまでも笑いだすほどに揺れていました。


そんな子どもたちをみている私は、時々感じるのです。

「あ、今、地球もほほ笑んだ」と。

今週の日曜日、再び森冒険です。
はじめての子、久しぶりの子、いつものメンバー、それぞれがそれぞれの想いで森へやってきます。

私はというと・・・いつもの如く、溢れています。森と子どもたちへの想いが、大洪水中です。

ねぇ、みんな、あと2回寝たら森で!

石井久弥子・表01border="0"
 
石井久弥子写真展 ~森語で語らう~ 2月3日(金)~27日(月)
八王子市裏高尾町 珈琲自家焙煎の店「ふじだな」にて開催中
(*火・水・木曜日定休)
関連記事
2 Comments
By 石井智也02 21, 2012 - URL [ edit ]

それでも僕は君に問いかけたくなります。空を仰ぎみる眼差しの向こう、君は何を見て何を感じたのですか。父ちゃんは君のあんな表情、知らなかったな。あんなこぼれるばかりの笑顔もどれだけ知っているのかな。君は着実に成長しているんだね。森の草木が成長するのと同じように、お日さまと大地と沢山の素敵な仲間達に支えられて。くうちゃんけんちゃんありがとう。「子供」のもつ神秘に想いをめぐらしたり、我が子をいとおしく感じたり…。とってもじんっとくる写真、文章でした。

By Coo02 21, 2012 - URL [ edit ]

智さん,

何度も読み返してして、こちらがじんっときてしまいました。Nくんがとても深く愛されていて。
ご参加頂いたお子さんたちの写真について「親の知らない表情や笑顔があって・・・」とよくおっしゃって頂くのですが・・・

私たちの知らないその子の表情や心持ちというものも、もちろん沢山あります。智さんがおっしゃっていたNくんを、逆に私たちは知りません。でも、思うんですよね…どちらもその子であり、そのどちらも真っすぐに素敵だなって。親にだからできることってありますものね。私はそれを羨ましくも微笑ましく想います。

森はいつも、子どもたちを包み込んでくれています。お父さんお母さんからのメッセージを読むと、いつもそれと同じものを感じずにはいられません。智さんのおうちは、父ちゃん母ちゃんの在り方がとっても素敵で、「いいねぇ、N~!Nちゃーん!」っていつも思うと同時に、「私もここのお家の子になって、毎日美味しいごはんたべたぁ~い」と思います。

また一緒に森冒険に出かけられる時を、心から楽しみにしています!・・・その後のお夕飯も!

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
Current Moon
CURRENT MOON
プロフィール

Coo

Author:Coo
森のある暮らしを綴ったフォトエッセイ。 裏高尾、筑波山を経て、現在 京都・比叡山にて。 森の事、野草や薬草のこと、森料理、日々のあれこれなど。 森の風があなたのもとにも届きます様に。

最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
mail
ご質問・お問い合わせ等はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
Cooと繋がるアーティストさんたち
RSSリンクの表示