浅葱斑、旅立ち前

10 07, 2011
Parantica sita

神無月 月齢9日

Parantica sita
浅葱斑(アサギマダラ)

朝が濃く流れゆく森で出会いました。
透けるような浅葱色。私にとっては、チョコミント色。
木の葉が舞うよりもゆったりと、たゆたう羽根が撫でゆる森の空間。
ハナタデの細い茎は、その大きな羽根の重みとのバランスの狭間に揺れておりました。

森の空気に晩秋の香りがしてくる季節。
「あぁ、あなたに会えるのは、これで最後かしら・・・」という想い広がる。
例え明日、また出会えたとしても繰り返される同じセリフ。

海を超え、2千キロ以上の渡りをするものもいるという。
初夏の訪れには「お疲れ様」を。 晩秋の旅立ちに「いってらっしゃい」を。

私が最も好きな蝶、浅葱斑。
関連記事
0 CommentsPosted in
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
Current Moon
CURRENT MOON
プロフィール

Coo

Author:Coo
森のある暮らしを綴ったフォトエッセイ。 裏高尾、筑波山を経て、現在 京都・比叡山にて。 森の事、野草や薬草のこと、森料理、日々のあれこれなど。 森の風があなたのもとにも届きます様に。

最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
mail
ご質問・お問い合わせ等はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
Cooと繋がるアーティストさんたち
RSSリンクの表示