栗、その後。

10 11, 2011
kurigohan

神無月 月齢13日

そうして、剥かれた山栗は、「栗ご飯」になりました。
玄米と一緒に炊くだけ。おこわもいいですね。
山栗の奥行きのある深い味わいは、シンプルに頂くのが一番です。

私が子どもの頃、栗ご飯に並んで、我が家は栗の季節はビーフシチューが定番でした。
ビーフシチューに栗がゴロゴロ・・・

調理栄養系の学校出の母は、当時ではちょっと変わった創作料理を時々したものです。
彼女の意表を突く料理センス、今では見習いたいと改めて思います。

kuri paste kiri soup

そうして、剥かれた沢山の畑の栗は、「栗のペースト」になりました。

【栗のペースト作り方】
剥いた栗を蒸す → 水を少量ずつ調整しながら加え、ミキサーにかける。
以上。

一番簡単なのは、そのまま牛乳か豆乳を加えて、スープに。 肌寒い朝には嬉しい、朝ごはんスープ、いかがでしょう。

栗の味が引き立つように、味付けは少量の塩だけで十分です。少しバターを落としてコクを出しても。
ただ、ブイヨンなどを入れると、栗の風味が消えてしまいます。


「栗のペースト」は冷蔵庫で数日保存がききますが、砂糖を加えることで保存期間が延びます。
ただ、味の強い砂糖を使うと、栗の味が負けてしまいます。

栗のペーストをお菓子作りや、パン生地のように、栗の風味をちゃんと出したい料理には、渋皮を残して料理し、もっとワイルドな味に仕上げる方法をオススメします。 それは別の記事で、記させてください。

コオロギの羽音が響いています。
今日も穏やかな日です。

関連記事
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
Current Moon
CURRENT MOON
プロフィール

Coo

Author:Coo
森のある暮らしを綴ったフォトエッセイ。 裏高尾、筑波山を経て、現在 京都・比叡山にて。 森の事、野草や薬草のこと、森料理、日々のあれこれなど。 森の風があなたのもとにも届きます様に。

最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
mail
ご質問・お問い合わせ等はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
Cooと繋がるアーティストさんたち
RSSリンクの表示