アルデバランと月が重なるところで。

01 09, 2017
575A5965.jpg


睦月 月齢11


嵐が吹き荒れた一夜。


樹々が倒れはしまいか。
あの小さな鳥の巣は落ちはしまいか。

黒猫のヤブを腕に、大丈夫だよ、きっと大丈夫。と布団に潜り込む。

森の唄は一晩中響き渡っていた。



眠り方を忘れたかのように迎えた朝。
嵐が通り過ぎてゆくのを見守っていた。



(どうせ眠れないのなら、嵐の森で一夜を過ごせれば良かったのに)



静まり返った空を確認すると、少し安心したのか眠りについた。


夢をみた。


森の夢だった。




目が覚め森に出かけた。

気づくと日が暮れはじめていた。


蝋梅の香りが辺りに漂いはじめた。

空の色が濃くなるほどに、その香りも濃度を増していった。


むせび泣きを誘うほどに、美しい香りだった。


闇が森を包んでいった。

575A5982.jpg

ほのかな光りが灯る。
野生動物が動き出す。

その温度に確かな安堵感を覚える。


私という命もまた、ここに生きているということを、
痛いほどに知らされるからだろうか。


575A5992_20170109195518876.jpg



雲間から見え隠れする月に問うてみる。

(私から森をとったら、一体何が残る?)


575A5995_20170109200222354.jpg



今宵、この夜空に繰り広げられる天体ショー、アルデバラン食。


アルデバランと月が重なるところで、

天体たちはどんな言葉を交わすだろうか。


その微かな音に耳を傾け、ウツラウツラする夜が今夜もやってきそうだ。



P.S.

そちらの森はいかがですか。
あなたが書いた「くぅちゃんへ」という文字を指でなぞっては、ほんのり想い、
あなたと、あなたの大切なものたちに会いたいなぁと、ぼんやり想っています。



0 CommentsPosted in

野草粥のススメ 〜七草粥〜

01 07, 2017
575A5936.jpg

睦月 月齢8


澄み渡った青空、ヒンヤリとした空気。
冬らしい日だった昨日、七草を集めにいきました。


お正月をはじめ、日本の風習は実に美しい。
1月7日の朝に七草粥を頂く風習も然り。


現代では七草粥を「正月のご馳走で弱った胃に」という考え方もありますが、冬のこの時期の「若菜摘み」自体に、無病息災を祈って行われていた習わしは元々あったそうです。

小寒に入り冬が本格的になると畑の青菜が少なくなるので、野草を摘んで栄養を頂くということだそう。

「春の七草」と呼ばれる通り、もう少し先に開花するものの、花開く前の冬の寒さにも負けじと葉を広げている野草や野菜は、実に強いエネルギーを備ていると思いませんか。


というわけで、いざ若菜摘みへ。


【春の七草】
セリ・ナズナ・ゴギョウ(ハハコグサ)・ハコベラ(ハコベ)・ホトケノザ(コオニタビラコ)・スズナ・スズシロ。


スズナ(カブ)・スズシロ(ダイコン)が家にあることを確認して、残り5種の野草求めて山を下り里へ。

575A5854.jpg

この季節、遠目では一見、乾枯し荒涼とした景色に思われがちですが、

その足元には若葉が広がっています。

575A5858.jpg

このフレーム内に何種類の野草を見つけられますか?

575A5877.jpg

この2つの写真内だけでも食べられる野草でいっぱいです。

そう聞くとワクワクしませんか?(私だけかしら?)

575A5850_20170107131032e3e.jpg

まずはハコベ。

見つけやすい上にボリュームあります。
ですが、味が主張するので量的に集めやすくとも控えめがオススメです。

575A5871_20170107131030b08.jpg

注意したいのが、
七草でいう「ホトケノザ」は、↑この「ホトケノザ」ではなく、コオニタビラコ(小鬼田平子)のことです。

それにしても、この時期に咲く野の花というのは、可愛さ倍増!

575A5917.jpg

「ゴギョウ」はハハコグサのこと。

白いベルベット状な葉は、見つけやすいですね。


という具合に、フラフラ散歩。

575A5887.jpg

山に戻り、フラフラ。

もう紅梅が満開です。

見とれていると、エナガご一行が近寄ってきました。

私は鳥の中でもエナガちゃんが特別大好き。
彼らは手が届きそうな距離まで(時に羽ばたきの小さな風を頬で感じられるほどに)近寄って来てくれる愛嬌良し。

ご一行が通り過ぎてゆくのをフンワリと待つことほど幸せな時間はありません。
もうお粥のことなんて忘れてしまっても良いくらい。

(そもそも、ここまで戻って来てしまってはセリには会えないし・・・
ナズナもコオニタビラコも、見つけられなくはないだろうけれど、ここまで満たされてしまったら、もう十分無病息災祈願済みだよ、きっと・・・)

と思いながら歩き出すと・・・

575A5920.jpg

オニタビラコ。
コオニタビラコではないことに溜め息。

と、思わず溜め息をついてしまった自分にハッとする。
「溜め息!? オニタビラコに出会えたんだよ!この季節に!しかも花ついているじゃないの!」


目的をもって野草摘みをする上での盲点。

こうなると、申し訳ない気持ちが勝って、オニタビラコで手を打つか・・・なんて気すら到底起きるわけもなく・・・
(そもそも、コオニタビラコとオニタビラコは似て非なるものだけれど)

ふと、手がかじかみはじめている事にも気づくと、夕焼けが色濃くなっていました。

575A5901-3.jpg

梅も夕焼けておりました。
辺り一面、梅の花の香りで包まれています。

575A5891-3.jpg

(もう帰ろう)

と歩き出す先に、、、

575A5905_20170107153547673.jpg

夕焼けるナズナ。

その先にもナズナ、ナズナ・・・


何だかねぇ。
こういうのが、何だか申し訳なく感じてしまうわけです。

ありがとうねぇ、と少し摘ませて頂き家路に着くのでした。

575A5923.jpg

そして7日の朝。

朝食前に若菜摘みの続きへ。

その結末は・・・


七草が八草に。

そして何やらちょっと、あれ?が。


*答えがわかった方、こっそりメールください。正解の方には森の新年のご挨拶ギフトをささやかながらお贈りいたしましょう。

coobluemoonアット(@に変換してください)gmail.com



「8は末広がりでいいじゃない」と言われ、
「それもそうねぇ」と。

丁度月齢も8日目ですし。


575A5935.jpg


こうして実際に若菜摘みをして思うのは、
七草全種集まればそれはそれで良いけれど、若菜を摘むという行為自体がとても健康的な仕事(?)初めだなという事。

小寒を迎えた今、お年賀から寒中お見舞いに移り、冬が深まりゆくわけですが、身の回りには春を予感させる野草たちがこうして芽吹いていると知れる事。


そういうことこそ大切な事のように思えるのでした。



七草粥に限らず、若菜摘みで野草粥を。

身体が温まり、野草パワーを丸々取り入れられ、朝のスタートにもってこい。


冬は気持ちも内に入りやすい季節。
こういう形で野草を時々いただくのもいいなと、改めて思います。


3連休ですね。
若菜摘みに出かけてみてはいかがでしょう。

あなたの周りにも、沢山の芽吹きがあることに気づかせてもらえると思いますよ。




・・・・・・・・追記・・・・・・・・


野草摘みにおきましては、毒草との誤採取をさけるための知識が必要です。

七草に関しましても、例えばセリとドクゼリのように生育場所を同じくしているものもあります。

とはいえ、野草に触れる敷居を感じるのではなく、情報を知識としてとらえるのでもなく、自然の中を散歩しながら少しずつ触れ合ってゆく中で学ばれることをオススメします。

野草を知るには毒草を学んだ方が早いともいわれますが、知る事で楽しくもなり、自分をも救うことになります。


また、知っていると過信する事なく、常に自分を疑う心も大切だと思います。

これらは、「毒学」というワークショップでもお伝えしてきたことですが、改めましてここに追記として綴らせて頂きました。


皆さんの好奇心と学びが、バランス良く自然と共にあることを願います。


Coo記




御屠蘇代わりに、季節を味わう花酒を。

01 03, 2017
575A5787.jpg

睦月 月齢4日

新年のご挨拶を申し上げます。


ここだけの話、
我が家は到底新年に間に合いそうにない年の瀬だったため、

樹さん:「我が家は世間から2日遅らせよう」
との提案が。

つまり、1月3日を我が家では元日とする、という。


私:「そうねぇ、休日がなくて長く感じる6月辺りに、2日ほど早めて帳尻を合わせましょうかね」
とちょっと安心した師走30日、、、


と思いきや、諦めた途端に諸々を手放せたようで、
世間のカレンダー通り新年を迎えられた奇跡。


とはいえ、おせち料理は簡易的に。
気づけば御屠蘇用の日本酒の用意を忘れていました。


というわけで、森のお酒をいただくことに。

575A5790.jpg

果実酒専用の棚に並ぶ数ある瓶から選んだのは、


梅の花酒。


かれこれ10年ほど前に摘んだ花たち。

裏高尾の森で、雪の上に舞い落ちた花を集めたもの。


あの時の記憶と、今この時が、
あの森と、この森とが、

ひとつになる。



花酒を口に含むと、満開に咲きほころぶ梅林の光景が広がりました。

殊に、私が好きな、雪の日に香る梅の花の残像が浮かぶのでした。

IMGP9760_20170102234502d4b.jpg

あぁ、今年も梅が咲く季節を迎えようとしています。

新しい年のこの季節を迎えられたことへの喜びが広がりゆく。



御屠蘇代わりに、季節を味わう花酒を。

これは中々良いものです。


というわけで、我が家らしいお正月となりました。



さぁ、どんな年になるでしょうか。


皆様、今年もどうぞよろしくお願い致します。



天青の色の行方。

12 22, 2016
IMGP1626.jpg


師走 月齢22

ふと気づいたら年も残り僅かで終わろうとしています。

諦めも大切。

ただひとつ、年が変わる前に、
秋のはじまりから友人と交わした手紙のことをお話しましょうか。


秋になるとクサギの実がなるのが気になり始めます。

友人への手紙の冒頭にも、季節の挨拶としてそう綴りました。


丁度クサギの実が青くなりはじめた頃、友人から小包が届きました。

袋をあけると、ヤギの絵本他贈り物と共に「天青の実 - くさぎ -」という章が添えられていた。

それは、染織家 志村ふくみ氏の文章でした。


京都の山間から流れる川の鬱蒼とした茂みで集められるという。


私も裏庭の森の茂みを分け入ってクサギを集めながら、
私の芯は、空の青と森の緑が掛け合わされた碧に染まるのでした。


色からして、宇宙からみた地球をイメージさせます。


森の中で天青の実を仕分けながら、
「今度、毛糸が染まったら色を見せてね」と綴ってくれた友人のことを思っていました。



IMGP1635.jpg


去年はクサギで毛糸を染めました。

靴下は未だ編めていません。
(編み物の本まで買ったのにね)

今年は羊毛とアルパカの2種を染めました。


IMGP1641.jpg


更に欲張ってガーゼハンカチとハンドタオルも。

下処理しても尚、白が際立つのは、クサギの青さのせいでしょう。


何回か染め重ねてゆきます。
素材の違いで色も変わりますが、回数でも色の変化が大きく面白い。

「もう一回だけ、、、」と思って染めると、

「あぁ、さっきまでの色の方が私好みだった、、、」ということも。


頃合いの見極めと欲張らないことが大切です。


575A4774.jpg


綿糸はとても鮮やかな青が得られました。
心躍ります。


ある資料によると、クサギは媒染(色の定着)の必要がないとあり、去年まで媒染せずにいました。

けれど、半年もしないうちに、洗濯したわけでも、日に当てたわけでもないのに、色が変わってしまうのです。

そのため、今年は色を定着させるべく媒染することに。


どうかこの青が残りますように、と。

575A4760.jpg


ガーゼは澄んだ青空のようでもあり、
濯ぎの水に揺蕩うと、コバルトブルーの海のよう。


575A4775.jpg


もう一枚あったので、どこまで染められるか試してみると、、、

次第に緑がかってエメラルドグリーンに近くなってきました。

実を包んでいたガーゼも美しく染まっています。

これはこれで美しい。

志村ふくみ氏の表現が浮かびます。

575A4788.jpg


ハンドタオルもこの通り。美しく染まりました。

綿糸の媒染を主張の強いものにかえてみたところ、グレーがかったモスグリーンなりました。
(右下の毛糸)

575A4784.jpg


素材、染める回数、媒染の違いで楽しめる色の変化。

そのバリエーションは無限大。

これだもの、毎年試みても次々に課題が与えられるわけです。


575A4782.jpg



そしてこの後、日影で干して糸玉にします。

あまりにも絡まってしまい、毎日少しずつ玉にしていたわけですが、、、

朝起きると、部屋中に糸が。

の、繰り返し。

クロネコのヤブさんは、夜な夜な毛玉と遊んでいらっしゃるようで。





そうこうして、冬の足音が聞こえはじめた頃。


ふとみると、糸からもガーゼのハンカチからも、
いつの間にか青気が抜け、薄いエメラルドグリーンになっているではありませんか。


全て染め重ね過ぎて緑色が強くなったあの色に。

(右の色から↓左側の色へ)

575A4762.jpg


青はどこに消えたのでしょう。


私は友人に見せるつもりだった糸玉を手に、暫し考える。



そして友人に手紙を書きました。

「消えた青はどこへいったのでしょう。空の青を少しだけ濃くしたのかしら。だったとしたら、なんて粋なのでしょう。」



友人にはこの青を見せてはあげられなかったけれど、
志村ふくみ氏が、クサギの実で染めた青い糸の色合いを、

「どこか玉のような半透明の光りを帯びて、うすみどりの影をさすのである」

と表現した、そのわずかな色合い。
ルリビタキが飛び立った残像が森に留まるような、空かす光りの色のようで、ジンワリとくる。


そのことにこうして気づいた今、
「瑠璃の微粒子が匂い立つ」と志村ふくみ氏の言葉を受け、
クサギの実の香りを、もう二度と「カメムシの香り」などどは表現しないでおこうと、心に誓った。


そんな師走。


友人に今年最後になろう手紙に瑠璃が飛び立った糸を添えて手渡しました。
澄んだ青色は来年に持ち越し。来年の課題。

とはいえ、既に「もしかしてあれをああしたら、、、」が私の中には既にあるのです。


きっと彼女なら、そうして楽しみを先延ばしにしていることもわかってくれることでしょう。



来年も私はクサギを摘んでいることをイメージしながら。

また森で。

霜月の雪。山ごもり。後編

11 25, 2016
575A5344.jpg


霜月 月齢25

・・・「霜月の雪。山ごもり。前編」←はこちらから。


森の奥へ。


樹々が傘となってくれるので、このくらいの雪だと森の奥の方が足元はとられません。

ついつい道をそれてその先へゆきたくなるのも、私にとっての自然の法則。

心がフワフワいたします。

575A5358.jpg

(動物たちは、今頃どこでどうしているのかしら)

広い森の中で、こうして歩き回っているのが自分だけのように思えて来ました。
それでも、そこには確かに沢山の気配や息づかいを感じるのです。

嬉しくなってしまいます。

そして、フフフと小道に戻るのでした。

575A5353.jpg

雪の重みで弛んだ枝々。
普段なら手の届かないものたちに触れる事が出来るのでした。

色艶やかなトンネルをくぐりゆく心地よさ。

575A5354.jpg

振り返って立ち止まり、来た道を眺めていると、不思議な感覚に包まれます。

575A5348.jpg

新に進んでゆくと、目の前にベールが現れます。

(あぁ、この感じ。私、知っている。)

575A5350.jpg

575A5351.jpg

そしてその先で出会ったものとは、、、

575A5373.jpg


私は何度もこの樹に会っているはずなのに。

これほどの圧倒的な存在感を肌で感じた事があったでしょうか。

息を飲むほどに。それは、「美しい」という言葉でくくってしまいたくない気持ちが溢れました。

2つの樹なのに、1つに見えるその枝の張り方を愛しく想います。

樹々が枝を広げるスペーシングの絶妙さには、いつも感嘆させらます。


溜め息ひとつ。

そして時を忘れて立ち尽くしたのでした。


ようやく視線を下ろすと、少し離れたところに鮮やかに力強さを放つ色が私の視界の片隅に入り込んできました。

IMGP1837.jpg


575A5372_201611242124191e0.jpg


小鳥たちの大切な蜜を内包している花。

IMGP1834.jpg


雪の重みに花びらを散らす事のない、凛とした逞しさがそこにはありました。


(あぁ、、、今日ここに来て良かった。)


IMGP1862.jpg


IMGP1869.jpg


雪は止む気配もなく舞ってきては着地してゆきます。

IMGP1851_2016112421241628c.jpg


細い枝が折れない事を祈りつつ、、

IMGP1832.jpg


キブシの実のタンニン成分は、雪をも染めることを教えて頂き、、、

575A5331.jpg


あれやこれに心奪われながら来た道を引き返します。

同じ道でも新たな気づきがあるもので、私は「引き返す」という行為が好きだったりします。

575A5283_20161124211410525.jpg


天気予報によると夕方には止むというこの雪。

紅葉と雪が同時に見れるのも今日だけかしら。
そう想うとより一層心をこめて見つめてしまいます。

575A5316.jpg


IMGP1843_20161124212418c94.jpg


今度はあっちの方へ、、、と想ったのですが、メインカメラのシャッターが下りなくなりました。

IMGP1852_2016112516592386f.jpg

気づけばお腹がものすごく空いている。


575A5381.jpg


「お待たせ」

置き去りにした傘との再会。

IMGP1865.jpg

ここで私の「よし」がやってきて、家に戻る事にしたのでした。


家に戻るととっくにお昼ごはんの時間を過ぎていました。
かれこれ7時間ほど山ごもりしていたようで。

そして身体は冷えているどころか汗いっぱい。

そりゃあお腹も空くわけだ。


雪見お昼ご飯を食べていると、雪にみぞれが混ざりはじめました。

(良いタイミングだったわね)

そして温々とした夕を迎えました。

575A5379.jpg

↑この2日前↓

575A5113_20161125171606ecc.jpg

季節が急ぎ足でバトンタッチしたというよりも、「思わず、ちょっと」という感じかしら。

そんなサプライズも悪くはない。

IMGP1847.jpg


一夜明けて今日。

雪は大分溶けてしまいました。


そして再び、紅葉が続きます。



何だか上質なショーを見せてもらっている想いです。

自然は、見方によっては時にとてつもなく厳しく無慈悲に想える事もあるかもしれません。

けれど、それでも、やっぱり、


自然て素晴らしい。


そんな単純な言葉しか浮かばない一日が、今日も終わろうとしています。






0 CommentsPosted in

霜月の雪。山ごもり。前編。

11 24, 2016
575A5226.jpg

霜月 月齢24

あれはほんの数日前の事でした。

竹ほうきで落ち葉かきに勤しんでいると、ふと、、、雪虫。

小さな妖精のようなその虫の訪れに、「あら、もうそんな季節?」と思わず呟いたのでした。



そんなことがあったことも忘れかけていた今朝。
目覚めると寝ぼけているのかと思うほどの雪景色が広がっていました。


霜月なのに。
霜を通り越して雪。


「こんな日は、山ごもりですね、ヤブさん。」

黒猫のヤブさんは、言うまでもないわ、とばかりに寝ております。

「家ごもりじゃなくてよ、山ごもり。」

黒猫のヤブさんは、そう言い出すと思っていたわ、とばかりに片目しかあけません。


私は急いで朝食を食べ、着込み、カメラとレンズと虫眼鏡をもって家を飛び出したのでした。

575A5237.jpg


森を抜けて、関東平野が見渡せるあの場所へ。

575A5243.jpg

ここからの景色が私はとても好きなのです。

何も見えないこんな日は特別に。

本当はあるものが、何も見えなくなるのですから。
けれど、その場に立ち、自分の中のものがフラットになってくると、見えない向こう側が不思議と見えてくる。
その感覚がたまらなく好きなのです。

575A5258.jpg

IMGP1715.jpg

雪が激しくなるほどに、見えなくなってゆく。
見えなくなるほどに、見えてくる。
味までしてくる。

嬉しくなってしまいます。

575A5265.jpg

どのくらいここにいたことでしょう。
いくらでもいられてしまうので、「よし」とするタイミングが難しい。
それでも、なんとなく「よし」が訪れて再び歩き出すのでした。

ふと、銀杏の葉。

ポッと暖かな炎が灯ったかの様な暖かさがそこに。

はっと空を仰ぎました。

575A5302.jpg

紅葉と雪と。
不思議と寒々しさは感じられません。
暖色と呼ばれる所以でしょうか。

北海道の友人が、紅葉の前に一度雪が降ってね、と言っていたっけと思い出しました。
北関東でもそんな究極のコラボレーションに出会えるだなんて。

贅沢です。


575A5326.jpg


575A5295.jpg


IMGP1858_201611242125582ec.jpg


こうなると、頭は機能していません。

歩いて、ニンマリ。
シャッター押して、ニンマリ。

歩いて、ニンマリ。
ちょっと戻って、かがんで、
シャッター押して、ニンマリ。

その繰り返し。

亀よりも遅いペースで進む森散歩。

575A5304_20161124211406d54.jpg


IMGP1877.jpg


IMGP1876.jpg



575A5368.jpg


家を出た時からわかっていたことがあります。

傘が邪魔になってきました。
カメラのことを考えると傘を持つ事になるのだけれども、、、


「ちょっとここで待っていてくださいな。必ず迎えにきますので。」

その間、モミジが埋もれない様に、と。


IMGP1866.jpg


そうして私はその先へと進んで行ったのでした。


575A5281.jpg


森の奥へ。

575A5339.jpg


そして、その先で出会ったものとは。


・・・・つづく・・・・


0 CommentsPosted in

アケビと山女。

11 15, 2016
IMGP1674.jpg


霜月 月齢15


アケビです。

通草と書きます。漢方では木通(もくつう。アケビの木部)。

山女と書いて、アケビの別名ともいいます。

なるほど、果皮の淡い桃色がかった紫色は、艶っぽい着物の色を憶わすし、果実のほのかで上品な甘さは、そのような着物が似合う女性が食していそうにも想えます。


とはいえ、アケビは蔓性植物で高いところに実を付けます。


アケビを摘んだ経験のある方はご存知でしょうけれど、樹の上や山の急斜面を這いつくばってでないと手に入れられない事が多い。

アケビ採りというものは、お淑やかな女性であっては、とてもじゃない、つとまりませぬ。


それ故に、「山女」という響きがピッタリだと、私は思うのです。



アケビは完熟すると、この写真のように、パカーっと一直線に割れて果実が現れます。

その開く一部始終を見てみたい。

それが私の夢でもあります。


ひとつ見つけると、蔓沿いに いくつか実が一緒になっていて、まだ開いていない物もあります。
そういう時は、ナイフでスーっと一線引くと、同じ様に綺麗に割れます。

その感触が私はこよなく好きで、ニンマリ。


あぁ、なんと美しい森の恵みなのでしょうか。


IMGP1673.jpg

(あ、そうだ。イシシシシ・・・)

ウフフフフ、ではないのが、山女らしさです。

カゴに秋を詰めこんで、「わー!」と言わせよう。

裏庭をぐるっと散歩しながら秋をひとつ、またひとつ・・・

IMGP1676.jpg

(シメシメ。)

蓋を明けたら秋が飛び出すビックリ箱の完成です。



・・・・・・そしてその夜・・・・・・・


「わーー!」

案の定。

(ククククク。)



アケビの果肉をスプーンですくって口に含むと、ふわーっと優しい甘さが広がります。

アケビは種が多い。
とにかく多い。

種ごと口に含んで、舌でクニャクニャして味わい、種を出します。
私はこれをすると、いつも口の中がつってしまうのです。

それほど種が多いということと、果肉を出来るだけ食べたい欲がそうさせるのです。


摘んだその場で食べるなら、機関銃のように種を吹き出しながら歩いて帰れば良いのだけれど、この日、夜な夜な、裏庭に種を撒きにウロウロ。

裏庭でアケビが採れるなんて、ちょっと素敵だもの。




さてさて、
アケビというと、果肉も美味しいけれど、私にとってメインは果皮です。

今まで、アケビをプレゼントしたことが何度かあるのだけれど、果皮も食べられる事があまり知られていないことを知りました。


どうぞ捨てずに!とっても美味しいのですから。


定番は恐らく、果皮を切って肉味噌(ひき肉)と炒める、でしょうか。

私流のレシピは、果皮を一口大に切らず、大胆にそのままで。
肉味噌の味噌をコチュジャンで作ります。味付けは醤油と砂糖。甘辛く。
果皮の果実が入っていた部分に、肉味噌を詰めて、オーブンに入れるだけ。簡単です。

IMGP1670.jpg

(↑焼く前)

ひき肉の脂が回って、アケビの皮が柔らかく焼けます。
ジュージューしてきたら出来上がり。


アケビの姿をそのままに。
カプリと頬張ると、アケビの僅かなほろ苦さと、肉味噌が良く合ってご飯が進みます。

IMGP1668_2016111518403435b.jpg


今年もこうして、私の中に秋が広がりました。


森の恵みを頂くということ。

それは、私が季節に染まり、森が私の中に息づくということ。


そうして、私はまた少し、森と近しくなった様に感じるのでした。

お上品な女性を目指すよりも、山女でありたい。
私はアケビを頬張りながら、ニンマリ想うのでした。



アケビさん、ありがとう。
森よ、ありがとう。




Current Moon
CURRENT MOON
プロフィール

Coo

Author:Coo
森のある暮らし「ことり〜cotori〜」主宰。 三日月生まれ。 森と写真と黒猫と美味しいものと。 Coo、時々、久弥子。

最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
mail
ご質問・お問い合わせ等はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
Cooと繋がるアーティストさんたち
RSSリンクの表示